世界エイズデー・シンポジウム

「エイズとボランティア 〜海をこえた共感〜」 開催要領
*終了しました*


名称: 

世界エイズデー・シンポジウム

 

「エイズとボランティア 〜海をこえた共感〜 」

 

 

  フライヤーのダウンロードはこちら >>
  (PDF 1.5MB)

目的:

○  「平成18年度世界エイズデー レッドリボンキャンペーン」の一環として、HIV予防の主な啓発対象である青少年だけでなく、親の世代でもある中高年層も対象にHIV予防啓発の初の試みとして、『世界エイズデー・シンポジウム』を開催します。
中国の国民的俳優であり、国家級ボランティアとしてエイズ予防法の制定および予防・治療活動を推進されてきた濮存マ(プー・ツン・シン)氏と、日本を代表する女優であり、日本中国文化交流協会などを通じて公益活動に取り組んでおられる栗原小巻氏を迎え、著名人による公益活動、日中文化交流といった視点も考慮したシンポジウムになります。
広く市民にも呼びかけた「議論の機会・場」を提供します。
シンポジウム開催の前に、平成18年度「世界エイズデー」ポスターコンクール表彰式を実施します。

 

日時:

平成18年12月2日(土) 午後6時〜午後8時30分 (開場:午後5時45分)

会場:

星陵会館(収容人数:300〜400名)
ホームページ:http://www.seiryokai.org
(住所:100-0014 東京都千代田区永田町2-16-2 電話:03-3581-5650)
最寄り駅:「永田町駅」6番出口

対象:

一般市民、教育関係者、行政担当者、医療従事者、NGOボランティア
(※先着300名)

内容:

○  平成18年度「世界エイズデー」ポスターコンクール表彰式
栗原小巻さん ご挨拶
濮 存マさん 映像上映
濮 存マさん 特別講演 「中国のエイズとボランティア活動」
パネルディスカッション 「日本と中国のエイズ予防活動」
参加者との質疑応答

プログラム(所要時間:約2時間30分)

  ※司会、通訳込み
※午後6時からの15分間、平成18年度「世界エイズデー」ポスターコンクール表彰式を実施する。
 
時間 プログラム内容 出演者
17:45 開 場  
18:00 平成18年度
「世界エイズデー」ポスターコンクール表彰式 
受賞者
18:15〜  主催者挨拶  
挨拶および濮存マ氏の紹介 栗原 小巻
濮存マ氏紹介映像上映  
特別講演
「中国のエイズとボランティア活動」
濮 存マ
パネルディスカッション
「日本と中国のエイズ予防活動」
濮 存マ
特定非営利活動法人ぷれいす東京 代表
池上 千寿子
(座長) (財)エイズ予防財団 会長
島尾 忠男
閉会挨拶  
20:30 終了  

主催:

厚生労働省、財団法人 エイズ予防財団

共催:

日本エイズ学会Community Action委員会

後援:

日本中国文化交流協会(予定)

協力:

レッドリボン推進実行委員会(予定)