「世界エイズデー」キャンペーンテーマの募集

**募集は締め切りました**

毎年12月1日は「世界エイズデー」です。厚生労働省と(財)エイズ予防財団では、平成19年度の世界エイズデー前後に全国で展開する普及啓発キャンペーンのテーマを、下記のとおり募集いたします。

ご応募いただいたテーマ案は、有識者等による選考を経て、全国で行われるイベントやポスター等のメインテーマとして広く周知されます。

皆様のアイデアを、是非ともお寄せいただきますようご協力お願いいたします。

  1. 応募方法:
    (1)氏名  (2)連絡先  (3)テーマ  (4)そのテーマを設定した理由を明記し、 下記メールアドレスあてに送付(様式自由)
    aidsday@jfap.or.jp

  2. 募集〆切: 平成19年7月23日(月)

  3. 照会先:
    厚生労働省健康局疾病対策課 星、上野(03-5253-1111(内2358))
    (財)エイズ予防財団 永井、中村(03-5259-1811)

 

参  考

◎応募にあたって

  • 平成18年のHIV感染者・エイズ患者報告数は合わせて1,358件(HIV感染者952人、エイズ患者406人)で過去最高。
  • 診断時には既にエイズを発症している事例が約3割を占める。
  • 感染経路は、性的接触(同性間及び異性間)によるものがほとんど。
  • 感染拡大防止と早期治療のためには、早期検査が重要。

HIV・エイズの情報はAPI-NET( http://api-net.jfap.or.jp/ )でご覧下さい。


◎過去のテーマ

  • 平成18年度 Living Together 〜私に今できること〜
  • 平成17年度 「エイズ…あなたは「関係ない」と思っていませんか?
  • 平成16年度 “HIV”と“エイズ”の違い、知っていますか?
  • 平成15年度 「エイズ」知ろう、話そう、予防しよう
  • 平成14年度 「エイズ」目をそらさないで考えてみよう!

    これ以前のテーマとポスターの一覧は、こちらをご覧下さい。