エイズ予防情報ネット

世界エイズデー


WHO(世界保健機関)は、1988年に世界的レベルでのエイズまん延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消を図ることを目的として、12月1日を“World AIDS Day”(世界エイズデー)と定め、エイズに関する啓発活動等の実施を提唱しました。

1996年から、WHOに代わって国連のエイズ対策の総合調整を行うこととなったUNAIDS(国連合同エイズ計画)もこの活動を継承しています。

日本においてもUNAIDSが提唱する“World AIDS Day” の趣旨に賛同し、12月1日を中心にエイズに関する正しい知識等についての啓発活動を推進し、エイズまん延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消等を図っています。


検査・相談実施場所をさがす

レッドリボンとは
お問い合わせ


当サイトのリンクについて
プライバシーポリシー

Topへ戻る[0]
(C) API-Net All Rights Reserved.