エイズ予防情報ネット

これだけは知っておきましょう


■■A3
HIVの感染力は弱く、性行為以外の社会生活のなかでうつることはまずありません。HIVは主に3つの経路で感染します。

1. 性行為による感染
性行為による感染は最も多い感染経路です。HIVは主に血液や精液、膣分泌液に多く含まれています。HIVは感染者の血液・精液・膣分泌液から、その性行為の相手の性器や肛門、口などの粘膜や傷口を通ってうつります。ですから、性行為におけるコンドームの正しい使用は、HIV感染症/エイズ予防にとって有効な手段です。

2. 血液を介しての感染
HIVが存在する血液の輸血や、覚せい剤などの依存性薬物の“回し打ち"による注射器具の共用などによって感染します。日本では、現在、献血された血液は厳重な検査により最高水準の安全が確保されていますが、きわめてまれとはいえ、感染の可能性を完全には排除できません。なお、血液凝固因子製剤については加熱処理が行われているので、現在の血液製剤で感染する心配はありません。

3. 母親から赤ちゃんへの母子感染
母親がHIVに感染している場合、妊娠中や出産時に赤ちゃんに感染することがあります。母乳による感染の例もあります。日本では、お母さんがHIV感染症の治療薬を飲むことや母乳を与えないことで、赤ちゃんへの感染を1%以下に抑えることができます。

[ ←戻る ]

[ Q1〜Q10 / Q11〜Q20 / Q21〜Q30 ]


検査・相談実施場所をさがす

レッドリボンとは
お問い合わせ


当サイトのリンクについて
プライバシーポリシー

Topへ戻る[0]
(C) API-Net All Rights Reserved.