エイズ予防情報ネット

日本の状況=エイズ動向委員会報告


平成27年5月27日

委 員 長 コ メ ン ト
(平成26(2014)年エイズ発生動向の概要について)
《平成26年 年間報告(確定値)》
【概要】
1. 今回の報告期間は平成26年1月1日〜平成26年12月31日までの1年(前回の動向委員会の年間報告(速報値)は平成25年12月30日〜平成26年12月28日までの約1年)
2.新規HIV感染者報告数は1,091件で過去3位(速報値:1,075件で過去4位)
3.新規AIDS患者報告数は455件で過去4位(速報値:445件で過去5位)
4.HIV感染者とAIDS患者を合わせた新規報告数は1,546件で過去3位(速報値:1,520件で過去5位)
※これまでの最高は、平成25年(確定値)でHIV感染者は、1,106件、AIDS患者484件、合計1,590件
【感染経路・年齢等の動向(確定値)】
1.新規HIV感染者:
○ 同性間性的接触によるものが789件(全HIV感染者報告数の約72%)(速報値:778件)
○ 異性間性的接触によるものが179件(全HIV感染者報告数の約16%)(速報値:179件)
○ 静注薬物によるものは8件(うち、その他に計上されているものが5件)(速報値:8件、うち、その他に計上されているものが5件)
○ 母子感染によるものは1件(速報値:2件)
○ 年齢別では、特に20〜30代が多い。
2.新規AIDS患者:
○ 同性間性的接触によるものが258件(全AIDS患者報告数の約57%)(速報値:255件)
○ 異性間性的接触によるものが120件(全AIDS患者報告数の約26%)(速報値:115件)
○ 静注薬物によるものは6件(うち、その他に計上されているものが2件)(速報値:6件、うち、その他に計上されているものが2件)
○ 母子感染によるものは1件(速報値:1件)
○ 年齢別では、特に30歳以上が多い。なお、50歳以上が約26%を占めている。

【報告地別の概況】
1. 新規HIV感染者報告数:
○ 東京、大阪、名古屋の三大都市を含む地域からの報告数が、多数(約81%)を占める。
○ 東京は平成20年からは横ばい傾向である。
○ 九州ブロックでは2年連続で報告数が増加した。
2. 新規AIDS患者報告数:
○ 三大都市を含む地域からの報告数が、多数(約74%)を占める。
○ 九州ブロックは2年連続で報告数が増加した。

【検査・相談件数の概況(平成26年1月〜12月)】
1. 保健所等におけるHIV抗体検査件数(確定値)は145,048件で過去4位(過去最高は平成20年177,156件)
2. 保健所等における相談件数(確定値)は150,993件で過去9位 (過去最高は平成20年230,091件)

《まとめ》
1. 平成26(2014)年における新規HIV感染報告数(1,091件)は過去3位、新規AIDS患者報告数(455件)は過去4位であった。HIV感染者とAIDS患者を合わせた新規報告数 (1,546件)は過去3位であり、累積報告数は24,561件である。
2. 新規報告数(平成26(2014)年は1,546件)のうち、新規AIDS患者報告数(平成26(2014)年は455件)が約3割を占める状況が続いている。HIV感染後、適切な治療によりAIDS発症を抑えることができるため、AIDS発症前にHIV感染を早期発見することが重要である。
3. 新規HIV感染報告数および新規AIDS患者報告数の多数を占めるのは日本国籍男性で、感染経路としては同性間性的接触が過半数を占める。また、20代において新規HIV感染報告数は最多であり、年代別人口10万人あたりの新規HIV感染報告も特に20代で増加している。
4. 各自治体においては、引き続き、エイズ予防指針を踏まえ、個別施策層(特にMSM)を中心に、利用者の利便性に配慮した検査・相談事業に取り組むとともに、国民のHIV/エイズに対する関心を高め、受検行動に結びつけるよう、普及啓発に努めることが重要である。
5. 早期発見は個人においては早期治療、社会においては感染の拡大防止に結びつくので、感染予防に努めるとともに、保健所等における無料匿名のHIV抗体検査・相談の機会を積極的に利用していただきたい。
注1)HIV感染者:感染症法の規定に基づく後天性免疫不全症候群発生届により無症候性キャリアあるいはその他として報告されたもの。
注2)AIDS患者:初回報告時にAIDSと診断されたもの。(既にHIV感染者として報告されている症例がAIDSを発症する等病状に変化を生じた場合は除く。)
注3)個別施策層:感染の可能性が疫学的に懸念されながらも、感染に関する正しい知識の入手が困難であったり、偏見や差別が存在している社会的背景等から、適切な保健医療サービスを受けていないと考えられるために施策の実施において特別な配慮を必要とする人々
注4)MSM:男性間で性行為を行う者をいう。
なお、平成26(2014)年エイズ発生動向年報の詳細については、7月下旬に年報を公表予定である。



検査・相談実施場所をさがす

レッドリボンとは
お問い合わせ


当サイトのリンクについて
プライバシーポリシー

Topへ戻る[0]
(C) API-Net All Rights Reserved.