健疾発第1024001号
平成14年10月24日



   都道府県
各 政令市  衛生主管部(局)長殿
   特別区


厚生労働省健康局疾病対策課長




 医療機関及び保健所に対するHIV−2感染症例の周知について(依頼)



 この度、別添のとおり、我が国において初めて遺伝学的に完全な確証が得られたHIV−2感染症例が確認され、「厚生労働省健康危機管理基本指針」に基づく健康危険情報として厚生労働省に報告されたところである。当該情報は我が国におけるHIV−2感染の可能性を改めて指摘したものであり、貴職におかれても、管内医療機関に対し当該情報の周知とともに、HIV−2に配慮した適切なHIV診療の実施を指導されるよう特段の御配慮をお願いする。

 なお、保健所においては、平成5年7月9日付健医感発第76号厚生省保健医療局エイズ結核感染症課長通知「保健所におけるHIV−2の検査体制の整備について」により既にHIV−2抗体検査が実施されているところであるが、貴管内保健所においても当該情報の周知及びHIV−2抗体検査実施の徹底を図るよう併せてお願いする。