HOME >> 資料室 _ 関連学会情報 >> 第6回アジア・太平洋地域エイズ国際会議(メルボルン)/2001年

第6回アジア・太平洋地域国際エイズ会議
 メルボルン(オーストラリア) 2001年10月5日~10日

参加者の報告集


1.会議の概要
 
  1. 主催 : 第6回アジア・太平洋地域国際エイズ会議組織委員会
    (6th ICAAP: International Congress on AIDS in Asia and the Pacific,Congress Committee)

  2. 後援 :
    Asian Development Bank, Family Health International, The International
    AIDS Society AIDS Society of Asia and the Pacific, USAID, GNP+, APCASO
    The Asia Pacific Network of Sex Work Projects
    The International Community of Women Living with HIV/AIDS
    UNAIDS  Asia-Pacific Network for People Living with HIV/AIDS (APN+)
    The Asian Harm Reduction Network  The Secretariat of the Pacific Community

  3. 開催期日: 2001年10月5日~10日

  4. 開催地 : メルボルン(オーストラリア)

  5. テーマ : メインテーマ 「バリアをなくそう」

    国と国、地域と地域、同じコミュニティにあってもHIV感染の影響を受けてい る人と受けていない人、地域社会グループと行政、行政組織間、科学者間、研究者間、経験の多 寡、力のある者とない者、資源・手段がある人とない人、ジェンダー間、宗教や信念の違い、家 庭のある人とない人、祖国のある人とない人、この会議に来る人と来られない人、等々――この ように人々の間にある、あらゆるバリア(垣根)を取り払うことが、私達の目指すものである。

    第6回メルボルン会議の目的は、人間が作り出した様々なバリア(垣根)が、世界中の人々がAIDSと共に闘うことを邪魔している現状を打破することにある。旧来の考え方 や手法から脱し、私達は、ここメルボルン会議の場所から個人、国、性別、考え方および宗教な どの違いを乗り越えて、新しい協働の形を創りあげていく役割を担っている。 (ICAAP案内文 より)

  6. 会 場 :メルボルン・コンベンション・センター(Melbourne Convention Centre)

  7. 参加人数: 約3,500人

    * 詳細は、http://www.icaap.conf.au  をご覧ください。


2.派遣事業参加者
 

国際会議でのTrack A~Fの分類などを参考に各分野でのバランスや会議の性格を考慮し、30名の方に参加していただきました。


3.各報告
 

山田 兼雄  エイズ予防財団専務理事

A:治療・ケア
氏 名
所 属
役職・職種
井田 節子 国立国際医療センター 治療開発専門官
市橋 恵子 HIV/AIDS看護研究会(JANAC) 運営委員
畝井 浩子 広島大学医学部附属病院薬剤部 文部科学技官
菊池 恵美子 国立名古屋病院

カウンセラー(リサーチレジデント)

佐藤 克彦 愛知県衛生研究所 技師(研究職)
高嶋 能文 静岡県立こども病院血液腫瘍科 副医長
三浦 琢磨 芳賀赤十字病院 小児科部長
林 素子 国立公衆衛生院疫学部 客員研究員
Genaro Castro-Vazquez 慶應義塾大学文学部 リサーチ・レジデント
吉原 なみ子 国立感染症研究所エイズ研究センター 室長
 
B:予防
氏 名
所 属
役職・職種
大菅 克知 結核研究所 国際研修科長
小松 隆一 国立社会保障・人口問題研究所 研究員
沢田 貴志 港町診療所 医師
竹中 伸一 NPO:HANDS Chief Planning Manager
服部 健司 群馬大学医学部医学基礎講座 助教授
藤森 英樹 AAA(Act Against AIDS)運営事務局 事務局長代理
 
C:経済・社会
氏 名
所 属
役職・職種
五島 真理為 NPO:HIVと人権・情報センター 理事長
新ヶ江 章友 Campus AIDS Interface スタッフ
立浪 忍 聖マリアンナ医科大学附属研究施設 講師
堀江 徹 東京都衛生局医療福祉部感染症対策課 課務担当係長・医師
藤原 良次 大阪HIV薬害訴訟原告団 理事
 
D:セクシャリティー・ジェンダー
氏 名
所 属
役職・職種
大石 敏寛 せかんどかみんぐあうと 代表
風間 孝 NPO:動くゲイとレズビアンの会 副代表理事
兵藤 智佳 早稲田大学アジア太平洋研究センター 助手
日高 庸晴 京都大学医学研究科国際保健学 博士課程在学中
Majajas Hayden AIDSケア・プロジェクト 代表
水島 希 SWASH(Sex Work and Sexual Health) 運営委員
 
F:その他
氏 名
所 属
役職・職種
大谷 暁子 NPO:プロジェクトHOPEジャパンタイ事務所長 所長
吉崎 和幸 大阪大学健康体育部 教授