HOME >> 資料室 _ 関連学会情報 >> 第8回アジア太平洋地域エイズ国際会議(スリランカ)/2007年 >> 参加報告書

第8回アジア太平洋地域エイズ国際会議参加報告書
 

Youth Ribbon、東京経済大学21世紀教養プログラム
木目田 隆晴

テーマ:若者の予防啓発プログラムについての情報収集

<はじめに>

  2007 年 8 月 19 日~ 23 日にスリランカのコロンボで開催された、第 8 回アジア・太平洋地域エイズ国際会議 に参加した主たる目的は2つありました。 1 つ目は、私たちが大学内で行っている HIV/AIDS の予防啓発活動グループの詳細をまとめたポスターを展示・発表することでした。次に 2 つ目の目的として、国際会議への参加を通して、より多くの実践的な世界の Youth の活動を知り、それらから得たヒントを自分たちの活動にフィードバックしていくことでした。また、上記2つの目的の達成を通して、より多くの国々の Youth とコミュニケーションを取り、お互いのネットワークを築き上げていくことも視野に入れての参加となりました。

 

<報告書テーマ『若者の予防啓発プログラムについての情報収集』>

  今回財団から頂いたテーマは、『若者の予防啓発プログラムについての情報収集』でした。
  ですからこのテーマに沿って、実際に会議に参加し見聞きした世界の Youth の活動の事例を紹介していきたいと思います。

  まず初めに、ネパールの SAP-Nepal(South Asia Partnership) と呼ばれる NGO で活動を行っている Ms.Deepti Khakurel さんの報告を紹介します。

  彼女は、ネパールで ICT(Information and Communication Technology) を使った Youth のためのエイズ予防啓発活動を行っています。 ICT とは情報・通信技術の総称で、日本では IT と紹介した方が通りが良いのかもしれません。

  彼女の暮らすネパールでは最近、都市部に暮らす 20 代~ 30 代や、農村部に暮らす移住労働者 ( 特に若者の間で ) における HIV の新規感染率の上昇が問題視されています。そこで彼女は、都市部と農村部に見合った適切なレベルでの ICT を使った予防啓発活動を開始しました。

  活動の初めに、 Youth Telecenter(YTC) と呼ばれる HIV の予防啓発情報などを Youth が中心となって発信していくセンターを都市部に開設しました。そして、都市部に暮らす若者がインターネットやオンラインチャット、マルチメディアを利用したその他様々な方法で HIV の情報にアクセス出来る環境を作りました。

  次に都市部に作った YTC をハブセンターとして、農村部にも規模を縮小した形で YTC を開設しました。そこでは主にポスターや HIV/AIDS の知識を纏めたパンフレットを配ったり、 HIV に対する認識の向上を促すためのラジオ番組を制作して、その地域の放送局を通して農村部で暮らす人々へのメッセージを送ったりしています。

  これらの取り組みにより、実施されている ICT のレベル自体には差はあるものの、地方と都市部のデジタルデバイスを縮小し、誰もが情報にアクセス出来る環境を少しずつ提供出来るようになったと報告していました。また、これらの活動を通して HIV/AIDS の情報へのアクセスが実現し、若い人たちの間での認識も高まり彼らの身の振舞い方にも変化が見られるようになったと報告の最後に話してくれました。今後も継続して、地方と都市部のデジタルデバイスの解消、すべての地域に暮らす人々の情報へのグローバルアクセスの実現を目指していくそうです。

  ここで詳しく挙げたネパールの事例の他にも、コミュニティにおいて紙芝居やストリートドラマを使って行う予防啓発プログラムのような草の根レベルのものから、インドネシアの Youth である Ari Yuda Laksmana さんが報告した、若者と大人のパートナーシップにより実現した ARH-ICC ( Adolescent Reproductive Health Information and Counseling Center )と呼ばれる Youth の視点にたったフレンドリーな医療サービスや情報の提供を受けられるセンターを設立したという、政策自体に若者が主体的に参加し意見して制度自体を変えた事例まで、活動のレベルは様々でしたが色々な世界の Youth の活動の報告を知ることが出来ました。

 また今回このような報告書を作成するにあたり、国際会議において知り合いになった Youth に、それぞれが取り組んでいる予防啓発活動について質問をしてみました。質問の内容としては、以下の通りです。

1) What is your organization?
2) Could you tell your basic information of the organization?
3) Could you tell me about Youth prevention program that you taking place?
4) Do you have any opinions throughout the program and any solution for the program?
5) What is your activity Goal towards the youth prevention program?

ごく少数からの返信に留まりましたが、せっかくなので質問の答えを掲載します。

Case1 syukrin syuk ( Malaysia )

1) What is your organization?
-Federation of Family Planning Association Malaysia
-Kelantan Family Planning Association(at my hometown; specifically)

2) Could you tell your basic information of the organization?
-Kelantan Family Planning Association (KFPA)first non-for profit family planning clinic in Kelantan that was opened in 1975 by group of doctors, nurses and volunteers. From time to time, KFPA was run successfully by those people in order to promote family planning to Kelantan citizens. Now, there are so many service that KFPA provide to their patients since that the increasing number of patients marked from years to years. The services are ante-natal test, Pap smear, breast cancer test, family planning method, male clinic and so on.
-In 1999, a group of young people came out with an idea to form a youth club, and now Youth to Youth Club (Y2Y Club) is the result from the discussion.

3) Could you tell me about Youth prevention program that you taking place?
-Y2Y Club is a very active club regarding the issues related to sexual reproductive health of young people. Every year, we will recruits a new group of students to become a member Y2Y Club, and they are trained as peer educators. After that, they will run activities to empower themselves as well as their peers. The on of the activity is Y2Y HIV Road show to school students aged 14-16 years old. The objectives of this program are to empower young people, educate them and to decrease the stigma and discrimination among them. It is all about HIV/AIDS. From the evaluation and feed back that we get from the participants, the goods and respond from them make us happy.

4)Do you have any opinions throughout the program and any solution for the program?
-We began this road show in year 2000 until now. The way of the workshop ran by different group of young people is slightly different from one to another. But, the fee back that we get is the same. The increasing knowledge, awareness and information form the participant is great news for us and of course its need time to make it more successful.

5) What is your activity Goal towards the youth prevention program?
-To increase knowledge among urban and rural young people related to HIV/ AIDS and ASRH
-To empower young people and decrease the stigma and discrimination among them
-In order to produce a healthy young Malaysians.

 

Case 2 Alex Wang(China)

1) What is your organization?
-AIESEC (www.aiesec.org)

2) Could you tell your basic information of the organization?
-We have international internship exchange program, and want to create an international platform for young people to discover and develop their potential

3) Could you tell me about Youth prevention program that you taking place?
-To tell the truth ,we don't have Youth prevention program ,but we have Project issue based on HIV/AIDS ,our interns will work in NGOs to help them run some project related to HIV/AIDS ,I think Youth prevention program will be run by our partner NGOs

4)Do you have any opinions throughout the program and any solution for the program?
-Personally ,in China ,I think we should hold more activities for young people to know what is HIV/AIDS ,and we need more training about this ,and I want to run some international project related to this ,to let our young people know more about it ,and then they can know what to do next :)

5) What is your activity Goal towards the youth prevention program?
-Personally ,I think maybe I have answered this question in 4, My goal is to let more young people know what HIV/AIDS is, and they can affect more people around them

 以上が大変荒削りではありますが、『若者の予防啓発プログラムについての情報収集』の結果です。

<今後、会議の成果を国内で還元する具体的計画>

 

<おわりに>

  今回の会議の参加を通して、また更に新たな知識や経験、人との繋がりを得ることが出来ました。今後は、特に知り合いになった世界の Youth との連絡を継続して取り、お互いの活動の報告や情報の交換をしっかりと行なっていきたいと思っています。当初から掲げてきた目的も達成出来たものと思っています。