HOME >> 資料室 _ 関連学会情報 >> 第8回アジア太平洋地域エイズ国際会議(スリランカ)/2007年 >> 概要

「第8回アジア・太平洋地域国際エイズ会議(ICAAP)」の概要
 
  1. 主催 :  スリランカ民主社会主義共和国政府
    第8回アジア・太平洋地域国際エイズ会議組織委員会
    (8th International Congress on AIDS in Asia and the Pacific, Congress Organizer)

  2. 共催 :  アジア・太平洋エイズ学会(ASAP)、国連合同エイズ計画(UNAIDS)、
    アジアAIDS関連NGO連合(Seven Sisters)

  3. 後援 :  スタンダード・チャータード銀行、ジョン・キールス・グループ

  4. 開催期日 : 2007年(平成19年) 8月19日~23日

  5. 開催地  : コロンボ市(スリランカ)

  6. テーマ  : メインテーマ 「変化の波、希望の波」(Waves of Change, Waves of Hope)
    波は、島国であるスリランカにとって偉大かつ必須なものである。「変化の波」は、過去の里程標を考慮し、HIV・エイズのコミュニティと一般市民にとっての未来や新しい計画を作り出すといった多くの出来事が起こることを意味する。

    地球全体をとりまくさざ波のような効果を生み出すために、世界に変化を起こすために、多くの活動が実施されるべきである。世界的なHIV/エイズの予防・管理・たたかい・治療の取り組みは、あらゆる社会・コミュニティ・国・地域で適用されうる。果てしない海のような行動は大陸を越えていき、さらには文化に根ざし、この病気に対する変革と新しいビジョン、さらに勝利をもたらす。(中略)

    本会議のテーマは、エイズのないより良い世界を創り出すべくビジョンを共有している博愛の海を強くイメージしている。(※ICAAP案内文より)

  7. 会 場  : バンダラネイク記念国際会議ホール(BMICH)

    * 詳細は、http://www.icaap8.lk/  をご覧ください。