HOME >> 資料室 _ 関連学会情報 >> 第10回アジア太平洋地域エイズ国際会議(釜山)/2011年 >> 参加報告書

第10回アジア太平洋地域エイズ国際会議参加報告書
 

特定非営利活動法人りょうちゃんず 理事長
藤原 良次

2011年8月26日~30日、大韓民国釜山で開催された、第10回アジア太平洋地域エイズ国際会議に参加したので報告します。

本会議は「Diverse Voices, United Action(多様な声、団結した行動)」を会議テーマとし、会場はアジア最大ともいわれる会議場「BEXCO(Busan Exhibition and Convention Center)」において、開催されました。アジア太平洋地域64カ国2,500名以上の参加者と報告がありました。
今回私の枠割は参加した、PWH/Aとの連携、NGOとの連携、特定非営利活動法人リょうちゃんず(以下りょうちゃんず)の取り組みの紹介でした。
まず、PWH/A関係から報告します。

ポジティブ・フォーラムでは、ドラッグユーザー。セックスワーカー、トランスジェンダー等のバックボーンの違う陽性者が参加していましたが、それを超えて連携し、新しい知識やヴィジョンを構築しようとの宣言がなされました。また、前回コロンボでの若いリーダーの育成はなかなかうまくいってないようでした。「我々はかわらないといけない」とのことでした。このフォーラムには、日本からはジャンププラスのメンバーが参加しました。日本でも、セックスワーカーや、ドラッグユーザーの権利は守られていないことを考えると、正しい理解が普及され、差別のないようにするために、りょうちゃんずの役割りはあるように思われます。まず、薬害による陽性者だからできることを真摯に進めていきたいと思いました。
また、アジアでは、医療現場での差別が根強く残っているようでした。本来、治療を受けて、体調管理だけでなく、様々な相談もできるはずの医療現場で、病気以外の例えば、性的嗜好等により、別の苦労をするのは大変です。日本でも少なくはなりましたが、まだまだ、感染した状況によっての医療ハラスメントはあります。引き続き、ジャンププラスにおいて取り組んでいきたいと思いました。うまくいったことは、次回の大会で報告できればいいと思います。
女性と子供を守ることの重要性も話あわれました。国の施策や、法律によって、地方の伝統、ハラスメントから女性や子供を守ることは重要ですが、乗り越えなければいけない大きな壁があるようです。日本での取り組みを知り、どのような協力ができるかを考えたいと思いました。

アジア太平洋の組織ANP+ですが、代表がオーストラリアから、インドに変わったようです。これら一部の過激な人がデモンストレーションを行い、それに、大韓民国の組織が参加し、そのため、会議進行が大幅に遅れてしまいました。おそらく、大韓民国での、国のエイズ施策とNGO、患者組織の思惑がずれている内部事情と、大韓民国政府が会議参加者の査証を発給せず、会議参加ができなかった人がいることが原因と思われますが、大切なのは、HIV陽性者がどのように暮らしていければ幸せになるか、ではないのでしょうか。国と争ってばかりでは、益々、自分たちの権利主張と、ノウハウを活かす場面を失うこととなり、声をあげられないHIV陽性者が困ることになると感じました。これはジャンププラス代表長谷川氏や、同海外担当の方も同じ気持ちでした。

今回、大韓民国のHIV陽性者の方(仮名Aさん)とお話する機会がありました。Aさんは、大韓民国のHIV陽性者グループの中心的な人であり、陽性者グループがイデオロギーを強めることを懸念していました。
Aさんは日本でHIVに感染し地元で、治療しているそうです。治療費は無料ですが、政府に登録をしなければならず、接客業はしてはいけないことになっているそうです。また、結婚する際には、パートナーも検査を受けなければいけないとのことでした。体調は安定しているとのことでした。
治療と引き換えに、政府に管理され、職業の自由もないのですから、大変であろうと思います。以前の会議報告をした際の、携帯電話から、パートナーの追跡調査はさすがになくなったそうです。

もうひとつ、Aさんが日本で感染し、自国に帰ってHIV感染がわかったことは非常にショックでした。今後、活動している検査事業や、啓発活動の際には外国人も意識した取り組みを行う必要性を強く認識しました。
また、陽性者グループはピア・カウンセリングや、グループミーティングのスキルもないそうでした。請われれば、是非のノウハウを伝えていきたい、具体的には研修会の開催ができればいいと思いました。
このような状況では、大韓民国で、血液製剤により、HIV感染をした人はどのように暮らしているのかを考えてしまいました。実際は同じ時期に同じ製剤を使っていたのですから、血液製剤によるHIV感染はいるはずです。なかなか名乗りあげることもできず、日本のように集団訴訟もできないとおもいます医療が受けられそうなのは救いです。

今回、東北で起きた大震災において、りょうちゃんずも少しですがHIV陽性者のために活動しました。これは、副代表早坂氏をはじめ、大切な人が被災したからです。別紙のようにメッセージ(別紙参照)を作成し、エイズ予防財団のブース及び会場内にて手渡しで配布しました。

会議全体の印象ですが、当初4000名を予定していた参加者が、最終的には2900名とのことでした。様々な原因があると思いますが、閑散とした、ブーススペースはいつになく寂しい感じがしました。また、釜山市内を歩いても、10th ICAAPのポスターや旗など、一切なく見られませんでした。国をあげてとか、市をあげてという印象は少なく、会議場内だけで行っている印象を強く受け、エイズを国民、市民に考えてもらういいチャンスを逃しているようです。
そんな中PWAラウンジの良さについて報告します。

PWAラウンジは会場内に設置されており、HIV陽性者限定の交流スペースです。これまでの国際会議では、プライバシーを配慮し、場所は非公開となっていましたが、今回、抄録にも場所が明記されていました。プライバシーを心配する人にとっては、入りにくかったかもしれませんが、私には、場所がわかりやすくとても入りやすい場所でした。
スペースは広くありませんでしたが、食事やドリンクも十分に準備され、マッサージ機や仮眠スペースも設置されていました。韓国の民族衣装を着たスタッフや学生ボランティアが、笑顔で迎えてくれました。ときには日本語でもてなしてくれたり、満席の場合でも場所を確保してくれたり、とても居心地のいい時間を過ごすことができました。ボランティアの学生と話をし、釜山だけでなく、国内各地から大学生が集まっていると聞きました。実は神戸での7th ICAAPの際、PWAラウンジのリーダーをしていた話をし、「その時のボランティアの学生も素敵でしたが、あなたたちも素敵ですね」というとにっこりしていました。オアシスのような場所を提供してくれたスタッフに感謝いたします。
一生懸命に接待してくれる学生たちには、HIV陽性者と間近に接した経験を忘れることなく、HIVの予防につなげて幸せになってほしいと切に願っています。また、この人たちが大人になったとき、HIVの問題を前進させてくれることを本当に希望します。

今回の派遣を通じて、日本のHIV陽性者の方と話ができました。国際会議が初めてとのことで、熱心に情報収集を行い、自分たちの活動に活かそうと一生懸命でした。新しい人たちのエネルギーを感じ頼もしく思いましたが、まだまだ、若いものには負けないとの思いも感じました。いずれにしても、苦手なところを補完しあい、よりよい未来が一緒につくれたらいいと思いました。また、JHCは今回もブース出展していました。いろんな意見はさておき、長く続けていることには、敬意を表します。さらに、ICAAPの前日には、厚生労働者の担当者と東アジアの保健担当者との実務者会議があったと聞きました。日本の枠にとらわれず、行政官同士の連携・交流が図られ、国際間でのHIV対策がさらに進むことを期待します。これからも、多くの人が日本国内、国外に目を向けた活動をしていくと思います。りょうちゃんずもその中で、しっかり地に足をつけた活動をしてまいります。

最後に、この派遣に際し、お世話になったエイズ予防財団の皆様やジャンププラスの長谷川さん、潤平さん、大阪C型肝炎訴訟弁護団基金、感謝いたします。NPO法人りょうちゃんずの活動を通じて、またお会いできることを楽しみにしています。
ありがとうございました。

以上