HOME >> 資料室 _ 関連学会情報 >> 第11回アジア太平洋地域エイズ国際会議(バンコク)/2013年 >> 参加報告書

第11回アジア太平洋地域エイズ国際会議参加報告書
 

特定非営利活動法人ぷれいす東京
大槻 知子

 第11回アジア・太平洋地域エイズ国際会議(ICAAP)は、2013年11月18日~22日にタイ・バンコクで開催された。
 会議のテーマは “Asia/Pacific Reaching Triple Zero: Investing Innovation(アジア・太平洋地域での3つのゼロの達成:イノベーションへの投資)”とされ、国際連合エイズ合同計画(UNAIDS)の掲げる「新規感染ゼロ、エイズ関連の死亡ゼロ、差別ゼロ」の展望への言及が大いにあった。アジア・太平洋地域では、現在も、必要としている人の約半数がARTへの十分なアクセスを持たず、毎日800人以上がエイズ関連要因により死亡しているという。

 UNAIDSは、スティグマが、「価値を貶めていくプロセス」で「差別へとつながる」ものと定義している。今回の会議でも数多くのセッションで取り上げられていたスティグマの問題に注目した。
 人々の「違い」が「不平等」となり、一方が「低く評価」されることにより他方の「優位性」ができ、やがて「社会的に排除」されたり「社会的受容の資格がない」ものとされていくのが、スティグマである。MSMら“Key Affected Populations(KAP:とりわけHIV/エイズに影響を受けやすい主要な人口集団)”とされる層を対象に行われた調査では、社会の持つスティグマを内在化させ、また社会に自らの居場所がないと感じている人々も多いことが明らかになっている。1
 そして、医療や保健の現場においてHIV/エイズに対するスティグマがあると、HIV検査受検の遅延や躊躇、受療の遅延や躊躇ないし質の低下、アドヒアランスの低下、あるいはHIVのステータスを明かすことができず当然サポートも受けられない、といったことが日々起こっていく。HIV/エイズに関する知識とHIV陽性者との個人的な面識の度合いが、スティグマの意識に関係することが明らかとなり、医療や保健を始めとするケア提供者に対してこそ、エビデンスに基づくアプローチでスティグマを軽減するための介入が必要とされている。2

 また、今回アジア太平洋地域エイズ学会(ASAP)がホストとなり、ICAAPで初めての、HIV/エイズとメンタルヘルスをテーマにしたセッションも開かれた。HIV陽性者に多く見受けられるメンタルヘルスの課題には、適応障害、物質使用/依存、睡眠障害、抑うつ障害、認知症、幻覚、パーソナリティ障害やその他精神疾患が含まれる。臨床データからもHIVとメンタルヘルスの課題を併せ持つ層の健康上のリスクが示され、メンタルヘルスにより焦点を当てた支援策の必要性が論ぜられた。3
 これら会議参加を通じて得た見識は自らの活動分野、とりわけ厚生労働科学研究費補助金エイズ対策研究事業「地域においてHIV陽性者等のメンタルヘルスを支援する研究」で取り組む課題に直結するものであり、地域の相談・支援機関についての調査や、また所属する支援団体の業務においても関係者と共有・還元する形で生かしていきたいと考える。

 会議全体を通して、KAPの活動家を中心に大小さまざまに行われたデモンストレーションやイベントが目立っていた。それぞれの立場から発せられる主張だったり政府などのステークホルダーに対する要求は理に適うものであるが、HIV陽性者のイシューが相対的に見えにくく、時にHIV/エイズとは切り離されて論じられる節さえもあったように見受けられた。各々の国や地域での活動をリードしている人々が一堂に会し、エンパワメントやガス抜きの機会としての意味も見過ごせないが、他方、HIV陽性者の視座を含めHIV/エイズとそれぞれのイシューとの関係を丁寧に描き出したメッセージを今一度検討することも一考ではなかろうか。

 最後に、80以上の国と地域からおよそ4,000人が参加したとされる本会議だが、日本からの参加者数は必ずしも多くはなかったと推察する。そのような中で、いくつかのメジャーなセッションで重要な役割を果たす日本人のプレゼンスの大きさは、近年の国際会議でとりわけ印象に残るものであった。
 また、会議参加の貴重な機会を与えてくださった公益財団法人エイズ予防財団に感謝します。ありがとうございました。
以上


1 Yameen, U. et al. Impact of Counseling on Dealing with Self Stigma. Eleventh International Congress on AIDS in Asia and the Pacific, Bangkok, November 20, 2013.
2 Hsu, L. Research Review on Stigma and Discrimination in Health Settings in Asia and the Pacific. Eleventh International Congress on AIDS in Asia and the Pacific, Bangkok, November 20, 2013.
3 Casey, K. Why Our Region Needs to Invest in Integrating Mental Health Services into HIV Care Support and Treatment? Eleventh International Congress on AIDS in Asia and the Pacific, Bangkok, November 22, 2013.