HOME >> 資料室 _ 関連学会情報 >> 第15回国際エイズ会議(バンコク)/2004年 >> 参加報告書

第15回国際エイズ会議参加報告書

大阪HIV薬害訴訟原告団理事/りょうちゃんず代表 藤原良次


 2004年7月11日~16日タイバンコクで開催された、第15回国際エイズ会議に参加しましたのでご報告申し上げます。

 今回参加にあたり、以下のことを目的とした

  1. 第7回アジア・太平洋地域エイズ国際会議の組織委員(PWA小委員会所属)としての役割に活かす。
  2. アジアの感染者ネットワーク構築
  3. 感染者アドボカシー活動の方法の模索
  4. 諸外国の治療環境を学び、今後の医療体制構築に活かす。
  5. 諸外国の患者支援活動を学び、今後の患者支援活動(原告団は被害者救済活動)に活かす。
  6. 諸外国の予防活動を学び、個人介入による予防導入の研究に活かす。

 このうち、6は参考となるセッションを見つけにくかったので報告できないため、日本エイズ学会、木原班報告等の活動報告にてかえさせて頂く。それでは、以下報告する。

 

治療環境と支援活動

ア. 治療環境
 今回のテーマ「アクセス・フォー・オール」でも掲げている通り、すべての人に治療アクセス(薬を行き渡らす)にタイ政府は取り組んでいた。

  タイではジェネリック薬を自国で製造できるようになったことが、大きな要因で、まもなく、多くの感染者に抗HIV治療薬がいきわたるだろう。しかし、日和見感染症薬については保険適用薬でないため、自費で買える人しか買えない等の問題もある。これは開発展途上国共通の問題である。

  また、オープンセレモニースピーカーの感染者は「ドラックをやめさせるための強制収容期間はもらえなかった。」と発言した。

  又、「治療薬をくれ」発言が多い中、それは当たり前の話しだが、治療環境はどうなのだろうとの疑問もある。日本においても、過去HIV告知なしで、重篤な副作用のある日和見感染症薬を投与されていた患者もおり、こうした懸念もある。開発途上国の貧困の実態はわからないが、もらった治療薬を売買したり、のみ忘れによる耐性の問題やのみ間違いによる副作用の問題もあり、医療者も含めた、フォロー体制の整備も同時に必要ではないだろうか。

イ. 支援活動
 支援活動において参考になったのは、HIV独自の問題だけでなく、国の問題(文化、習慣、経済、社会、政治)の解決がHIVの問題を解決することになるとの発言だ。日本は赤字国だとの認識なしに、活動しているととんでもないことになる。しかし、赤字国を言い分の予算削減には強く「もの申す」必要がある。 

 全体として、来年の会議に向けては日本的尺度で測らないようにし、もっと、アジアに適した尺度を身につける必要性を強く認識した。

 

PWAネットワークとアドボカシー活動

ア. 国内ネットワーク
  国内唯一の患者・感染者ネットワークであるJaNP+では日本で3つしか、認められなかったブース展示が認められた。言い換えれば主催者に感染者団体が認められたことになる。しかし、JaNP+のネットワークには8団体しか参加しておらず、所属団体共同で何かを取り組んでいくところまではいっていない。しかし、連携することにより、アドボカシー活動、患者支援活動における各団体相互のノウハウを共有できる、何処にも所属していない患者、感染者の窓口となる等のメリットはあるはずだ。現在はスピーカー育成事業に、5団体が取り組んでいるだけだし、りょうちゃんずと大阪訴訟団は参加しているに過ぎないが、来年の第7回アジア・太平洋地域エイズ国際会議に向けて、所属団体の連携が強化されるはずだ。

 APN+(アジア感染者団体)の代表は23歳の女性だった。中国、韓国からの参加した感染者も自分より若かった。ネットワーク構築は私にもノウハウがあるところなので、頑張りたい。

 参考までに、展示内容は薬害訴訟から医療体制構築の活動を英文にして報告しました。反応は薬害についての展示がJaNP+の他にないことや、また、和解後現在までに構築した医療体制、福祉制度が、薬害被害者だけでなくすべての患者感染者に適用できることについて好意的な反応だった。当事者として深く関わったことがらだけにちょっぴりうれしかった。  

イ. 海外とのネットワーク
 海外の患者感染者の組織については、昨年、神戸での日本エイズ学会のシンポジウムで学んだことの他はほとんど知らない。これは私が所属している団体の役割が過去の検証であったり、社会性が薬害根絶、血液事業見直し・感染症法制定であったり、患者支援(原告団では被害者救済)のための医療体制構築、福祉制度構築、患者向け情報提供、自助サポート、ピア・カウンセリングであったりとの、国内の問題に向けられたものだからだ。しかし、今後はJaNP+を拠点として、長谷川代表に教えを請いながら、微力をつくすつもりだ。それにしても、アジアの感染者は元気いい。

ウ. アドボカシー活動
 タイがHIV問題の取り組みにおいて成功を収めたのはTNP+(タイの感染者団体)の働きかけが王朝を動かしたことが大きな要因だと聞いた。また、先にふれたように、HIV問題を解決するためには様々な別の問題を解決しなければいけないことを考慮すると、日本においても団体の枠を超えたアドボカシー活動と、各団体独自のアドボカシー活動、又、場合によってはNGO、専門家との連携も必要であろう。さしあたり、国内においては、更生医療の後退を防ぐ、年金制度の後退を防ぐあたりは感染者が連携することが不可欠であり、新しい治療薬導入も含めた医療体制構築は原告団独自でも頑張れる事柄であり、ピア・カウンセリングに根付かすことは、専門家の協力なしにはできないようだ。又、差別、スティグマの問題は全体でとりくまなければいけないようだ。

 

第7回アジア・太平洋地域エイズ国際会議に向けて

 来年7月に開催予定のアジア・太平洋地域エイズ国際会議に向けては、まず、組織委員のなかで、私が一番アジア・太平洋地域の現状を知らないことだった。理由は海外ネットワークの項でふれたので、触れないが、幸い、海外の詳しい現状を知っている人と連携していることと、時間があと1年あることだ。少しでも海外諸事情を学び、日本のローカルルール定規だけで、計らないようにしたいものだ。それにしても、海外のNGO(特にセブンスシスターズとICAAP)の自己アピールはすごかった。

 私の所属委員会はPWA小委員会なので会議に参加されるPWAの方々に役立つ、フォーラムの提供と、会議期間中、居心地の良いPWAラウンジを提供できればと考えている。今回は食事場所、毎日のメニューの工夫、休憩所のレイアウト、横になれる場所、マッサージルーム等すばらしいものであった。おそらく、あそこまではできないが、迎える気持ちでは負けないようにしたい。又、ボランティアスタッフもPWAラウンジスタッフは別の研修メニューが必要であろう。今後小委員会充実させならが、他の委員会とも協力しながら、準備に取りかかりたい。又、フォーラム成功にかんしては、国内の患者・感染者の多数の参加が不可欠であり、所属団体に帰り、参加者確保に努力したい。この会議に向けての取り組みを、国内患者・感染者ネットワーク作りに役立てたい。最後に今回出会ったPWAの皆様、神戸で再会しましょう。

 最後の最後に、今回お世話になった(財)エイズ予防財団、NGO連絡会議の皆様、組委員の皆様、JaNP+の皆様、その他、石川県立中央病院上田先生、荻窪病院木内先生、日本福祉大学林先生、その他多くの皆様、ありがとうございました。