HOME >> 資料室 _ 関連学会情報 >> 第21回国際エイズ会議(ダーバン)/2016年 >> 参加報告書

第21回国際エイズ会議 参加報告書
 

国際エイズ会議参加報告
杏林大学総合政策学部 北島 勉

 南アフリカ共和国のダーバンで開催された第21回国際エイズ会議(7月18日〜23日)に参加しました。今回のテーマは"Access Equity Rights Now"でした。ダーバンでは2000年に国際エイズ会議が開催されており、当時は、先進国では利用可能であったART(抗HIV多剤併用療法)を、途上国でも利用できるようにすることがテーマだったそうです。16年後の現在、約1700万人が利用できるようになり、大きな進歩がありました。特に南アフリカ共和国は、ART受療者が340万人と世界最大規模のプログラムを実施しているということで、開会式ではこれまでの成果を称え合い、お祝いをしているという雰囲気を感じました。

 当時はアフリカ大陸全体でARTを受療できた人は1万人程度だったということでしたので、その成果はとても大きなものではありますが、会議の色々な場面でcomplacency(自己満足)は良くないという主旨の発言もありました。現在、約2000万人がまだARTを受療できないでいること、年間約210万人が新たにHIVに感染し、約110万人がエイズで亡くなっていること、HIV感染者への偏見や差別は依然として根強いこと等の課題は残っています。その解決を目指すためにも、今回の会議ではHIV感染予防や治療へのアクセス、その公平性、そして人権がテーマとなったようです。特に、15〜24歳の若者や、ゲイ、トランスジェンダー、セックスワーカー、薬物使用者、受刑者がもっとHIV感染予防や治療を利用できるようにすることが重要で、そのためにはスティグマの軽減や、十分な予算の確保が必須であるということが、繰り返し述べられていました。また、HIV/エイズだけを対象にするのではなく、結核、B型・C型肝炎、がん、生活習慣病への対策も併せて行う必要性も強調されていました。

 会議開催期間中は、本会議(plenary session)の他、多数の研究発表分科会、シンポジウム、ワークショップが開催されていました。また、グローバルビレッジには多数のNGOが、エキシビションには南アフリカ共和国やブラジルの保健省、多数の製薬会社が出展しており、とても賑やかでした。

 私は10年ぶりに国際エイズ会議に参加しましたが、たくさんの知的な刺激を頂きましたし、色々な国の研究者や活動家と交流ができました。特に印象に残っていること3つあげるとするならば、PrEP、Differentiated Care、ICTです。まず、PrEP(Pre-Exposure Prophylaxis)については、その効果や経済評価、提供方法に関する研究発表が多数ありました。PrEPで利用する抗HIV薬の価格が高いので、費用効果的ではないという報告もありましたが、多くの国でHIVに感染するリスクが高いグループを対象に提供する方向で動いているようでしたし、既に米国やフランスでは提供を開始しているということでした。

 Differentiated Careとは、個々の患者のニーズに合った形でARTを提供することを意味しているようです。このテーマを扱ったセッションでは、ウガンダ、スワジランド、ジンバブエで行われている地域ベースでのART提供方法について、政策担当者、提供者、患者それぞれの立場からの報告がありました。ウガンダでは、患者の家から医療施設までの距離が遠いため、患者が医療施設に来てARTを受けるという方法だと患者の負担が大きくなってしまいます。そのため、医療施設側が患者の居住地を調べ、医療施設側と患者側双方にとって都合の良い地点を特定し、その地点までARTを届けるというプログラムを実施しているそうです。患者側は、地域ごとに患者グループを構成し、その代表者がグループメンバーの抗HIV薬を、3ヶ月に1回その地点まで受け取りに行き、各メンバーに届けています。また、半年に1回、医療従事者が個々の患者の健康状態をチェックしているとのことでした。HIVに感染していることをオープンにしている人にとっては、受診するために使っていた時間を仕事に使うことができるなど、とても便利な仕組みであるとのことでしたが、オープンにできない人達は従来通りARTを受けるためにそれぞれ医療施設を受診しているとのことでした。

 Differentiated careの一形態と考えて良いと思うのですが、NIMART (Nurse-Initiated and Managed Antiretroviral Treatment)もアフリカのいくつかの国で導入されていました。これは、より多くのHIV感染者がARTを受けることが出来るようにするために、医師ではなく、一定の研修を受けた看護師がARTを処方し、その後の服薬管理をするというものです。NIMART導入により、ARTを受ける患者が飛躍的に伸びたようです。一方、Differentiated careを定着させ、継続させていくには、関係者が適切な報酬を得られるようにすることや、業務の負担が過剰にならないように職種間での担当業務の調整をしたり、人員を増やしたりすることが不可欠であるとの意見が出ていました。

 3つめのICTについてですが、今回の学会では、HIV感染予防や治療、患者支援をするために、いかにソーシャルネットワークを使うかというワークショップがありました。南アフリカ共和国のハウテン州(Gauteng Province)の保健局は、P・A・S・O・Pというスマート・フォン用のアプリを作成し、HIVや結核などに関する情報発信をしていました。また、LGBTを対象とした出会い系アプリを運営している団体が、登録者のセクシャルヘルスの向上のために、アプリを通して疾病予防や検査に関する情報の提供や意識調査を行っているという報告もありました。いわゆる個別施策層を対象とした情報提供や調査研究を行うためのツールとしてICTの高い有用性を感じました。

 次回は2018年にアムステルダムで開催されます。個人的にはそこで報告できるような研究成果を出せるように頑張りたいと思いますし、日本からも多くの人が参加することを期待したいです。