HOME >> 理解と支援の象徴レッドリボンとは
理解と支援の象徴レッドリボンとは
・理解と支援の象徴レッドリボンとは

理解と支援の象徴レッドリボンとは

“レッドリボン(赤いリボン)”は、古くからヨーロッパに伝承される風習のひとつで、もともと病気や事故で人生を全うできなかった人々への追悼の気持ちを表すものでした。

この“レッドリボン”がエイズのために使われ始めたのは、アメリカでエイズが社会的な問題となってきた1990年ごろのことです。このころ、演劇や音楽などで活動するニューヨークのアーティストたちにもエイズがひろがり、エイズで死亡する人々が増えていきました。
そうした仲間たちに対する追悼の気持ちとエイズに苦しむ人々への理解と支援の意思を示すため、“赤いリボン”をシンボルにした運動が始まりました。

この運動は、その考えに共感した人々によって国境を越えた世界的な運動として発展し、UNAIDS(国連合同エイズ計画)のシンボルマークにも採用されています。
レッドリボンは、あなたがエイズに関して偏見をもっていない、エイズと共に生きる人々を差別しないというメッセージです。

このレッドリボンの意味を知り、レッドリボンを身につけることによって、エイズのことをみんなで考えましょう。
 
 
ポスター・チラシ・パンフレット・ホームページなどの作成時にご使用ください。
  AIデータ形式、PSDデータ形式、JPGデータ形式を用意してあります。
  ※AIデータ形式をご使用の場合、Illustrator10.0以上が必要です。