東海・近畿

静岡県
認定NPO法人 魅惑的倶楽部
-
団体基礎情報
団体名(正式名称)認定NPO法人 魅惑的倶楽部
フリガナニンテイエヌピーオーホウジン エキゾチッククラブ
通称
フリガナ(通称)
英訳名EXOTIC-CLUB
郵便番号430-0917
住所静岡県浜松市中区常盤町133の13
電話番号090-6589-7258
FAX番号053-454-2839
E mailmaster0123@exotic-club.jp
HPhttp://www.exotic-club.jp/home.html
代表者氏名鈴木 恵子
代表者フリガナスズキ ケイコ
代表者役職名理事長
会員制
発足年月日1999年1月11日
法人格NPO法人
活動地域静岡県
団体紹介
団体紹介私たちは、様々な差別偏見をなくし、誰もが普通に暮らせる心のユニバーサルデザインのまちづくりを目指しています。様々な社会問題に対応するため、当事者との交流活動を行いながら、保健・環境・福祉・子どもの健全育成の視点からまちづくりの推進を図る活動を目的としています。障がいを持つ人たちへのコンサートを始めたことがきっかけで、社会において差別の状態に置かれている人たちに対する活動を実施してきて現在に至ります。障がい者、子ども、若者、高齢者、外国人、HIV/エイズ、などの壁を越えた活動を展開している。
その他の分野の事業としては、
1. ドラゴン・マジック環境に関わる事業
内容: 流水護森・木札(北遠地区の間伐材を利用し、水源の森の大切さを下流域に伝える。授産施設に木札作成作業を委託し、環境と福祉の分野をつなげ、山村部と市街地の交流も図る。)
2.マジックハートコンサート 知的障害のある人との交流コンサート(障害者との交流と居場所づくり)
3.地域作り、まちづくりに関わる活動
活動対象 HIV陽性者 , 一般市民 , 青少年 , 女性 , 男性同性愛者(またはMSM)
インターネット
検索キーワード
魅惑的倶楽部 エキゾチッククラブ
電話相談
医療機関紹介
ケア提供
事業の詳細
啓発活動●啓発普及事業・「RUN for STOP AIDS」ポスターの製作・配布・市内ライブハウス主催のストップエイズキャンペーンへの協賛、協力 ・セクシャルマイノリティ向け啓発団体への支援・青少年に対するエイズ教育「命の講和」小、中、高等学校への講演・「レッドリボンキャンペーン」浜松オートレース場での中高年齢層の男性への啓発活動、CS放送への情報提供(10月~12月)「レッドリボンカップ」(ストップエイズを掲げた特別レース)当法人制作のCM放映
自助グループ
学習会・
内部教育プログラム
刊行物
機関誌
講師派遣「命の講演 生まれてきてくれてありがとう」
講師:長田治義(当法人魅惑的倶楽部副理事長)
時間:依頼先による(1時間~2時間)
場所:小、中、高等学校、学校関係保護者、教員、ボランティア研修講座、中学校区健全育成会、病院他
内容:命の大切さ、HIV感染者、患者数の現状(世界、日本、県)性感染症(STD)レッドリボンの意味、自分を好きになり、自分に自信を持ち、差別偏見のない社会を作るれるのは、今の若者であると伝える。
料金:30,000円(交通費別)平成21年度実績:約50件
通訳
翻訳
その他ブログやホームページ、口コミでの相談には随時応じている。(名前や住所を明かしたくないという理由から、ほとんどがメールでの対応)内容は、性感染症について、HIV感染不安、検査について、セクシャルマイノリティに関することなど多岐にわたる。専門名的な内容については、顧問の「県西部浜松医療センター副院長、感染症科長矢野邦夫医師に相談)
また、当法人の福岡支部である、福岡市の市民団体「Lave Act Fukuoka」と協働し、HIVエイズ予防啓発活動を実施しています。
最終確認日:平成28年度定期調査(2017年2月)

一般社団法人ブリッジハートセンター東海
-
団体基礎情報
団体名(正式名称)一般社団法人ブリッジハートセンター東海
フリガナイッパンシャダンホウジンブリッジハートセンタートウカイ
通称BHC東海
フリガナ(通称)ビーエイチシートウカイ
英訳名Bridging Heart Center Tokai
郵便番号430-0944
住所静岡県浜松市中区田町231番11号 袴田ビル1階西
電話番号053-488-4973
FAX番号053-488-4974
E mailinfo@bhctokai.jp
HPhttp://bhctokai.jp
代表者氏名山城 ロベルト
代表者フリガナヤマシロロベルト 
代表者役職名代表理事
会員制
発足年月日2013年1月28日
法人格一般社団法人
活動地域静岡県
団体紹介
団体紹介一般社団法人ブリッジハートセンター東海(Bridging Heart Center Tokai)は、多文化共生事業、医療支援事業、救急人材育成事業、静岡県西部災害時多言語支援センター運営事業の活動を通じて、人と人の「ココロのかけはし」になりたいと設立した団体です。
私たちはソーシャルインクルージョンの理念を掲げ、市民自らが問題解決できる自立的な市民社会の実現に寄与するため、浜松市及びその周辺地域で活動する民間非営利組織、企業及び地方公共団体等とのパートナーシップを図ります。
活動対象 HIV陽性者 , 一般市民 , 青少年 , 女性 , 男性同性愛者(またはMSM) , 性風俗従事者、利用者 , 外国人 , その他
インターネット
検索キーワード
ブリッジハートセンター
電話相談【電話番号】 080-9490-6365(日本語) 090-9336-6641(ポルトガル語・スペイン語)
【曜日・時間】 月~金 17時~21時
【対象・言語】 日本語・ポルトガル語・スペイン語
医療機関紹介
ケア提供毎週木曜・金曜日の17時~20時まで当法人事務所会議スペースにて、オープンスペースを行っています。また予約を入れていただいた方は個別に対面相談を行っています。
事業の詳細
啓発活動NPO法人魅惑的倶楽部と協働し、NLGR+や浜松オートレース場でのレッドリボンカップにて、啓発活動を行っております。
自助グループ
学習会・
内部教育プログラム
自主事業においてHIVに関する勉強会や平成26年度においては養成講座を行っています。
刊行物
機関誌
講師派遣
通訳ポルトガル語・スペイン語
各一名
翻訳ポルトガル語・スペイン語・英語
その他
最終確認日:平成27年度定期調査(2016年1月)


愛知県
世界エイズデー in NAGOYA
-
団体基礎情報
団体名(正式名称)世界エイズデー in NAGOYA
フリガナセカイエイズデー イン ナゴヤ
通称WADN
フリガナ(通称)ワドン
英訳名World AIDS Day in NAGOYA
郵便番号461-0004
住所愛知県名古屋市東区葵1-25-1 ニッシンビル 906号
電話番号052-933-1588
FAX番号052-933-1588
E mailwadn1201@gmail.com
HPhttp://wadn.web.fc2.com/
代表者氏名石川 佳子
代表者フリガナイシカワ ヨシコ
代表者役職名事務局長
会員制
発足年月日2004年7月
法人格
活動地域愛知県
団体紹介
団体紹介世界エイズデー in NAGOYA は、名古屋市周辺のエイズ関連ボランティア団体が連携し、12月1日の世界エイズデーの意義を一般市民に周知してもらうための活動を中心に、青少年への啓発予防活動や、行政との協同事業などを行っている。
活動対象 HIV陽性者 , 一般市民 , 青少年 , 男性同性愛者(またはMSM) , 政府などの公的機関
インターネット
検索キーワード
世界エイズデー、名古屋、WADN
電話相談
医療機関紹介
ケア提供
事業の詳細
啓発活動【活動内容】世界エイズデー」啓発普及活動
・プレエイズデーイベントの開催
大須商店街での音楽イベント&パレード、プレエイズデー講演会 ・エイズデーイベント 集会とパレード&コンドーム付リーフレット配布、 ・エイズ関連団体との連携による、自治体とのイベント開催協力
*平成27年1月より活動休止、再開未定。
自助グループ
学習会・
内部教育プログラム
●愛知サマーセミナー 
【プログラム内容】エイズ関連12団体が講座を担当し、エイズ基礎知識、日本&世界のエイズ情報、性感染症、セクシャリティ関連問題などの講座を担当する。
【対象】高校生、父兄、一般市民、教育関係者など

●プレエイズデー講演会
【プログラム内容】 青少年に向けた感染予防教育方法、学校現場におけるエイズ教育のあり方など
【対象】教育関係者、行政担当者、エイズ関連ボランティア関係者、学生、一般市民
*平成27年1月より活動休止、再開未定。
刊行物【刊行物名】「世界エイズデ- in NAGOYA」リーフレット
[内容] エイズ基礎知識、HIV抗体検査情報、世界エイズデー in NAGOYAのイベント情報
[対象]青少年、一般市民(街頭配布、講座配布、設置配布)無料配布
機関誌
講師派遣
通訳
翻訳
その他
最終確認日:平成28年度定期調査(2017年2月)

ANGEL LIFE NAGOYA
-
団体基礎情報
団体名(正式名称)ANGEL LIFE NAGOYA
フリガナエンジェルライフナゴヤ
通称ALN
フリガナ(通称)アルン
英訳名ANGEL LIFE NAGOYA
郵便番号460-0008
住所愛知県名古屋市中区栄4-18-16 NEWSビル 3階
電話番号052-784-6363
FAX番号052-784-6363
E mailinfo@aln.sakura.ne.jp
HPhttp://rise-net.info/
代表者氏名石田 敏彦
代表者フリガナイシダ トシヒコ
代表者役職名代表
会員制
発足年月日2000年4月1日
法人格
活動地域東海3県
団体紹介
団体紹介東海地区在住のMSMを対象としたHIV感染予防啓発活動を行っている団体である。啓発資材の作成及び配布、名古屋市および名古屋医療センターとの協働で、年に2回MSM向けHIV検査会としてNLGR+検査会およびM検を実施している。
活動対象 青少年 , 男性同性愛者(またはMSM)
インターネット
検索キーワード
ALN、rise、NLGR+、JOINT→、M検
電話相談【電話番号】 052-228-0214
【曜日・時間】 月18~21時、木金19~23時、土16~22時、日14~20時
【対象・言語】日本語、簡易な英語および簡易な日本語手話
医療機関紹介【紹介可能な科】 東名古屋病院、名古屋医療センター エイズ感染症グループ、たわだ泌尿器科
ケア提供【事業名】 なし 但し,連携する陽性者支援団体を紹介
事業の詳細
啓発活動【活動内容】MSM向け啓発資材の作成とアウトリーチ、検査会研修会講師、愛知県エイズ対策会議委員、名古屋市エイズ対策会議委員
【実施場所】名古屋市栄地区および伏見地区
自助グループ【グループ名】なし 但し三重ダルクを紹介できる
【対象】 薬物依存者
【内容】 共同生活及び通いによる自助ケア
学習会・
内部教育プログラム
【プログラム内容】 JOINT→、スタッフ研修会
【対象】コミュニティに初参加のMSMおよび名古屋地区に転勤してきたMSM 新規のスタッフの来場者対応や知識更新
刊行物【刊行物名】 ちょっと検査をしませんか?
【内容】 愛知県下保健所HIV抗体検査案内
【対象】 東海地区在住のMSM
【価格】 無料
機関誌【機関紙名】コミュニティペーパー HANA
【発行頻度】年3回
【内容】 次回検査会の案内、前回検査会の結果報告、STI感染(HIV含む)の基礎知識
講師派遣【講演内容】 MSM向け検査会の担当者研修会での啓発活動およびセクシュアリティ紹介の講師
通訳
翻訳
その他
最終確認日:平成28年度定期調査(2017年2月)

特定非営利活動法人 アフリカ支援 アサンテ ナゴヤ
-
団体基礎情報
団体名(正式名称)特定非営利活動法人 アフリカ支援 アサンテ ナゴヤ
フリガナトクテイヒエイリカツドウホウジン アフリカシエン アサンテ ナゴヤ
通称アサンテ ナゴヤ
フリガナ(通称)アサンテ ナゴヤ
英訳名NPO ASANTE NAGOYA
郵便番号461-0004
住所愛知県名古屋市東区葵1-25-1 ニッシンビル 906号
電話番号052-933-1588
FAX番号052-933-1588
E mailafrica@asante-nagoya.com
HPhttp://asante-nagoya.com
代表者氏名石川 佳子
代表者フリガナイシカワ ヨシコ
代表者役職名理事長
会員制
発足年月日2009年8月10日
法人格NPO法人
活動地域愛知県、ケニア
団体紹介
団体紹介この法人は、アフリカの貧しい地域に住む人々が、健康な生活を営めるように医療支援・教育支援・自立支援を行うとともに、これらの支援を効果的にするための国際協力を実現し、さらに当法人からの情報発信活動によって日本の一般市民への社会的教育に寄与することを目的とする。
活動対象 一般市民 , 青少年 , 外国人 , 企業
インターネット
検索キーワード
アフリカ支援 アサンテ ナゴヤ
電話相談
医療機関紹介
ケア提供
事業の詳細
啓発活動●啓発普及事業
・一般市民向け公開講演会
・アースデー高山などへの展示参加
・世界エイズデー in NAGOYA(WADN)との協働事業
・青少年に対するエイズ教育(愛知サマーセミナー)
・ホームページ「アフリカ支援 アサンテ ナゴヤ」の管理・運営
自助グループ
学習会・
内部教育プログラム
愛知サマーセミナーにて講座担当  
  【プログラム内容】エイズ基礎知識、日本&世界のエイズ情報、HIV陽性者・エイズ患者
        との共生について、アフリカ・ケニアの無料医療活動についてなどの講座を担当する。
  【対象】高校生、父兄、一般市民、教育関係者など
一般市民向け公開講演会
  【プログラム内容】 アフリカの貧困・エイズ・教育・環境問題などに取り組んでいる方の講演
  【対象】一般市民、学生、教育関係者、エイズ関連ボランティア関係者
刊行物
機関誌【機関紙名】アサンテ ナゴヤ ニュースレター
【発行頻度】年2回発行
【内容】アサンテ ナゴヤの活動内容報告
講師派遣
通訳
翻訳
その他アフリカケニアでの無料医療活動、HIV/AIDS予防啓発事業、現地の医療研究機関との連携事業、現地児童への支援事業、現地住民への自立支援事業など
最終確認日:平成28年度定期調査(2017年2月)

LIFE東海
-
団体基礎情報
団体名(正式名称)LIFE東海
フリガナライフ トウカイ
通称
フリガナ(通称)
英訳名LIFE TOKAI
郵便番号
住所
電話番号
FAX番号052-880-1017
E mail
HP
代表者氏名真野 新也
代表者フリガナマノ シンヤ
代表者役職名代表
会員制
発足年月日2008年9月30日
法人格
活動地域愛知・岐阜・三重・静岡
団体紹介
団体紹介LIFE東海は、東海地区に居住するHIV/STD感染者支援を目的とした、当事者によって設立された団体です。
<目的>:東海地区に住むHIV/STD感染患者が心身共に健全な生活を営めるように支援し、また情報活動等によって一般市民に各感染症の予防・啓発を伝える事を目的とする。
<事業内容>:月例会(ピア・ミーティング)の開催(当該患者の交流・親睦を通じ様々な意見や情報を得ることにより感染後も一人の社会人としてより良い社会生活を送るための活動)、感染者と医療関係者・支援者等で行う勉強会の開催、HIV関連の情報収集・発信による一般市民に対する予防・啓発活動など
活動対象 HIV陽性者 , 一般市民 , 青少年 , 女性 , 男性同性愛者(またはMSM) , 性風俗従事者、利用者 , 注射薬物使用者 , 外国人 , 企業 , 政府などの公的機関 , 専門家
インターネット
検索キーワード
LIFE東海、HIV陽性者支援、HIV相談、HIV愛知・岐阜・三重・静岡
電話相談
医療機関紹介
ケア提供
事業の詳細
啓発活動【活動内容】 HIV/エイズ検査のポスターとチラシを作成し、配布
【実施場所】 名古屋市内のゲイバー
自助グループ【グループ名】 月例会(週末昼間全体会・新規感染者会)
【対象】 HIV陽性者
【内容】 HIV感染者同士が集い、互いに感染者にしか分かりえない問題などを語り合い、解決への糸口となるように考えあう。
学習会・
内部教育プログラム
【プログラム内容】 勉強会: 月例会の場を借りて、年に3回、医療関係者(医師・薬剤師・看護師等)又は、支援者等、私達が必要としている事柄について、専門の講師に来ていただき、お話をしてもらいます。
【対象】 HIV陽性者
刊行物
機関誌
講師派遣【講演内容】 ラジオ、学校・企業・行政での各HIV関連講習会において、HIV陽性者としての当事者発言
通訳
翻訳
その他
最終確認日:平成28年度定期調査(2017年2月)


京都府
PLANET(HIVとともに生きる会)
-
団体基礎情報
団体名(正式名称)PLANET(HIVとともに生きる会)
フリガナプラネット
通称PLANET
フリガナ(通称)プラネット
英訳名上記に同じ
郵便番号612-8026
住所京都市伏見区桃山町伊賀6-5
電話番号075-622-6889
FAX番号左記に同じ
E mailplanetkyoto92@zpost.plala.or.jp
HPhttp://planet-hiv-aids.webnode.jp/
代表者氏名小田切 孝子
代表者フリガナオダギリ タカコ
代表者役職名
会員制
発足年月日1992年3月
法人格なし
活動地域京都市
団体紹介
団体紹介PLHNET‘S PROFILE
 1992年石田吉明氏(薬害エイズ裁判の中心的存在)を中心にPLHNET(HIVと共に生きる会)を立ち上げる。1993年活動開始、第1回キャンドルパレード実施(400名参加)以後毎年キャンドルパレードを行い、今年で14回目を迎えた。毎年パレードに先駆けて京都の中心街でのアウトリーチを行い約300店舗への戸別訪問を行う中で、パレードの宣伝と啓発活動を行っている。秋の取り組みとしてエイズデーでの講演活動を行い広くエイズへの正しい理解ための学習会を行っている。   
活動対象 HIV陽性者 , 一般市民 , 青少年 , 女性 , 男性同性愛者(またはMSM) , 性風俗従事者、利用者 , 注射薬物使用者 , 外国人 , 企業 , 政府などの公的機関 , 専門家
インターネット
検索キーワード
PLANET 京都
電話相談
医療機関紹介
ケア提供
事業の詳細
啓発活動【活動内容】エイズキャンドルパレード
自助グループ
学習会・
内部教育プログラム
【プログラム内容】
【対象】記念講演など(20周年の記念講演を行った)
刊行物【刊行物名】
【内容】20周年の記念冊子作成。エイズキャンドルパレードのチラシ作成。
【対象】すべての人
【価格】300円(記念冊子)
機関誌
講師派遣
通訳
翻訳
その他
最終確認日:平成28年度定期調査(2017年2月)

メモリアル・キルト・ジャパン
-
団体基礎情報
団体名(正式名称)メモリアル・キルト・ジャパン
フリガナメモリアル・キルト・ジャパン
通称MQJ
フリガナ(通称)エムキュージェー
英訳名Memorial Quilt Japan
郵便番号600-8871
住所京都府京都市下京区西七条北東野町39-1 寺口方
電話番号075-325-1950
FAX番号075-325-1950
E mailinfo@mqj.jp
HPhttp://mqj.jp/
代表者氏名寺口 淳子
代表者フリガナテラグチ ジュンコ
代表者役職名代表
会員制
発足年月日1990年11月
法人格
活動地域全国
団体紹介
団体紹介AIDSで亡くなった人たちに向けて、「彼、彼女らの存在を忘れない」との思いから生まれたのがAIDSメモリアルキルトです。家族や友人などで作られるキルトは、その人の名前や思い出のものが縫いつけられ、統計上の数字では表せない、生きた記録となっています。MQJはキルトをつくるサポートやキルト展示などで、メモリアルキルトを通して、HIV/AIDSの抱える問題を共に考えていきます。また、HIV陽性者のための「テディベア基金」をもうけ、経済的サポートも行っています。「テディベア基金」に協力できるボランティア活動もあります。
活動対象
インターネット
検索キーワード
HIV、エイズ、メモリアルキルト
電話相談
医療機関紹介
ケア提供テディベア基金は在住陽性者を対象としています。代理申請も可能です。MQJ事務所「テディベア基金」宛、お申し込み、お問い合わせください。
事業の詳細
啓発活動【活動内容】
●メモリアルキルトの展示とその説明
●HIV問題への啓発
●人権問題への啓発
●テディベア基金をテディベア作りワークショップで紹介
自助グループ
学習会・
内部教育プログラム
●毎月1回のオープンデーで参加者にあわせて、キルトの歴史、テディベアの作り方、HIVの基礎知識、現状、ボランティアマインドなどを学習
刊行物
機関誌●MQJニュース 年4回発行  
●Names Garden 年8回発行
講師派遣【講演内容】
●メモリアルキルトの展示とその説明
●HIV問題への啓発
●人権啓発
通訳
翻訳
その他会員年会費 5000円  テディベア基金への寄付随時受付中  郵便振替口座 00920-2-63878
最終確認日:平成28年度定期調査(2017年2月)

Bazaar Café Project
-
団体基礎情報
団体名(正式名称)Bazaar Café Project
フリガナバザール カフェプロジェクト
通称バザールカフェプロジェクト
フリガナ(通称)バザールカフェプロジェクト
英訳名Bazaar Café Project
郵便番号602-0032
住所京都府京都市上京区烏丸通り今出川上ル西入ル岡松町258
電話番号075-411-2379
FAX番号075-411-2379
E mailkyoto.bazaarcafe@gmail.com
HPbazaarcafe.weebly.com (2016年4月より公開予定)
代表者氏名木村 良己
代表者フリガナキムラ ヨシミ
代表者役職名
会員制
発足年月日1998年6月
法人格
活動地域京都府
団体紹介
団体紹介バザールカフェは、日本基督教団京都教区と様々な市民団体で活動していた人達との共同プロジェクトとして発足した。セクシャリティー、年齢、国籍、病気など異なった現実に生きている人たちがありのままの姿で受け入れられ、社会の中で共に生きる存在を確認し合う場を創造する。日常活動として行うカフェ運営で様々な背景の人を雇用し、教育機関と協力し学生が社会問題と出会う機会の提供、また薬物依存症の仲間との協働やミーティング等を行っている。
活動対象 HIV陽性者 , 一般市民 , 青少年 , 女性 , 男性同性愛者(またはMSM) , 性風俗従事者、利用者 , 注射薬物使用者 , 外国人 , 専門家
インターネット
検索キーワード
バザールカフェ
電話相談
医療機関紹介
ケア提供
事業の詳細
啓発活動
自助グループ
学習会・
内部教育プログラム
刊行物
機関誌【機関紙名】Bazaar Café Newsletter
【発行頻度】年2回
【内容】バザールカフェの活動報告など
講師派遣
通訳
翻訳
その他
最終確認日:平成27年度定期調査(2016年1月)

HIV陽性者支援団体 さぽーと京都
-
団体基礎情報
団体名(正式名称)HIV陽性者支援団体 さぽーと京都
フリガナエイチアイヴイ ヨウセイシャ シエンダンタイ サポート キョウト
通称さぽーと京都
フリガナ(通称)サポート キョウト
英訳名Support Kyoto
郵便番号612-0047
住所京都市伏見区深草大亀谷内膳町10-1 1番館201号
電話番号090-3675-8102
FAX番号
E mailsupport-kyo@kjb.biglobe.ne.jp
HPhttp://support-kyo.jimdo.com/
代表者氏名高畑 吉博
代表者フリガナタカハタ ヨシヒロ
代表者役職名代表
会員制
発足年月日2011年2月1日
法人格任意団体
活動地域京都府
団体紹介
団体紹介HIV陽性者によるHIV陽性者のための支援団体です。京都市内で定期的なピアグループミーティングや学習会、交流会などを行っています。セクシュアリティ、性別、感染経路などは問いません。
活動対象 HIV陽性者
インターネット
検索キーワード
さぽーと京都 ,HIV
電話相談
医療機関紹介
ケア提供
事業の詳細
啓発活動
自助グループ【グループ名】さぽーと京都
【対象】HIV陽性者
【内容】基本的に毎月ピアグループミーティングを行っており、希望者にはピアカウンセリングも行っている。
学習会・
内部教育プログラム
刊行物
機関誌
講師派遣【講演内容】HIV陽性者の立場からHIV感染予防及びHIV陽性者支援などの内容についての講師派遣を行っている。
通訳
翻訳
その他
最終確認日:平成28年度定期調査(2017年2月)

AIDS文化フォーラムin京都
-
団体基礎情報
団体名(正式名称)AIDS文化フォーラムin京都
フリガナエイズブンカフォーラムインキョウト
通称
フリガナ(通称)
英訳名
郵便番号604-8083
住所京都市中京区三条通柳馬場東入中之町2 京都YMCA
電話番号075-231-4388 
FAX番号075-251-0970 
E mailinformation@hiv-kyoto.com
HPhttp://hiv-kyoto.com/
代表者氏名高折 晃史
代表者フリガナタカオリ アキフミ
代表者役職名代表幹事
会員制
発足年月日2011年1月31日
法人格
活動地域京都
団体紹介
団体紹介AIDS文化フォーラムin横浜の思いと経験を受けついで運営委員会を組織しました。エイズ問題に取り組むにあたり、日常のさまざまな領域に関わる必要があり、そのことを文化としてとらえた「AIDS文化フォーラムin京都」は、エイズ問題の啓発、多様性を理解すること、共に生きることを目的として、10月に開催しています。
活動対象 HIV陽性者 , 一般市民 , 青少年 , 女性 , 男性同性愛者(またはMSM) , 性風俗従事者、利用者 , 注射薬物使用者 , 外国人 , 企業 , 政府などの公的機関 , 専門家 , その他
インターネット
検索キーワード
電話相談
医療機関紹介
ケア提供
事業の詳細
啓発活動【活動内容】 第7回AIDS文化フォーラムin京都「レッドリボン大作戦」
講演、ワークショップなど(若者の視点から、文化の視点から、陽性者の視点から、医療の視点から、教育の視点から、セクシャリティーの多様性を理解するという視点から 等)
【実施場所】 同志社大学(予定)
【実施日程】 平成29年9月30日(土)、10月1日(日)
自助グループ
学習会・
内部教育プログラム
刊行物
機関誌
講師派遣
通訳
翻訳
その他
最終確認日:平成28年度定期調査(2017年2月)

公益財団法人 京都市ユースサービス協会
-
団体基礎情報
団体名(正式名称)公益財団法人 京都市ユースサービス協会
フリガナキョウトシユースサービスキョウカイ
通称
フリガナ(通称)
英訳名Kyoto City Youth Service Foundation
郵便番号604-8147
住所京都市中京区東洞院通六角下ル御射山町262
京都市中京青少年活動センター内
電話番号075-213-3681
FAX番号075-231-1231
E mailoffice@ys-kyoto.org
HPhttp://ys-kyoto.org/
代表者氏名安保千秋
代表者フリガナ
代表者役職名理事長
会員制
発足年月日1988年3月29日
法人格公益財団法人
活動地域京都府
団体紹介
団体紹介京都市内にある7か所にある青少年活動センターを拠点に、若者の成長の支援のためのさまざまなプログラムの提供や若者たちが、学校や普段の生活の場を離れて、安心して過ごせる場や仲間とともにスポーツや文化活動、ミーティングなどで使用できるスペースの提供を行っています。また、大人への移行途中で抱える課題や困難の解決にむけた手助けとして、相談活動を実施し、その担い手となる支援者の養成も行っています。
活動対象 青少年 , その他
インターネット
検索キーワード
ユースサービス、ユースワーク
電話相談
医療機関紹介
ケア提供
事業の詳細
啓発活動【活動内容】
 施設を利用した10代、20代の若者を対象にした予防啓発事業、ダンスイベントや大学への出張事業の実施
【実施場所】 市内7か所の青少年活動センター
自助グループ
学習会・
内部教育プログラム
【プログラム内容】 ピアサポーター養成講座、若者に関わる支援者のセクシャルヘルス関連講座
【対象】 大学生、非行少年や学習支援を行うボランティア、障がいのある若者に関わる支援者など
刊行物
機関誌【機関紙名】 機関誌「ユースサービス」
【発行頻度】 年三回程度
【内容】 若者支援に関する情報や青少年教育をテーマにした読み物
講師派遣
通訳
翻訳
その他一般相談、エイズ文化フォーラム、京都市が実施するエイズデ―企画への協力等
最終確認日:平成27年度定期調査(2016年1月)


大阪府
ケアーズ
-
団体基礎情報
団体名(正式名称)ケアーズ
フリガナケアーズ
通称CARES
フリガナ(通称)ケアーズ
英訳名CARES
郵便番号
住所非公開
電話番号072-471-7822
FAX番号
E mail
HP
代表者氏名村上 典子
代表者フリガナムラカミ ノリコ
代表者役職名代表
会員制
発足年月日1992年10月
法人格
活動地域全国
団体紹介
団体紹介血液製剤によるHIV感染者・家族、及び血液凝固異常症の患者・家族
活動対象 企業 , 政府などの公的機関 , 専門家 , その他
インターネット
検索キーワード
電話相談【電話番号】072-471-7822
【曜日・時間】毎週土曜日、14−18時
【対象・言語】血友病患者家族、日本語
医療機関紹介【紹介可能な科】関西の主なエイズ治療のブロック拠点病院、中核拠点病院などのHIV診療科、血友病治療の医療機関など
ケア提供【対象】血液製剤によるHIV感染者・家族、及び血液凝固異常症の患者・家族
【内容】電話相談ののち必要に応じて対応(医療機関紹介、専門家紹介、各種手続き支援など)
事業の詳細
啓発活動
自助グループ
学習会・
内部教育プログラム
【プログラム内容】各種医療講演会
【対象】会員、血友病患者・家族、関係協力者
など
刊行物
機関誌【機関紙名】CARES
【発行頻度】年3回程度
【内容】講演会報告、各種お知らせなど
講師派遣
通訳
翻訳
その他郵便物送付先
〒530-0047大阪市北区西天満6-2-14マッセ梅田ビル2号館805号
「特定非営利活動法人 ネットワーク医療と人権 気付」
最終確認日:平成28年度定期調査(2017年2月)

関西HIV臨床カンファレンス
-
団体基礎情報
団体名(正式名称)関西HIV臨床カンファレンス
フリガナカンサイエイチアイブイリンショウカンファレンス
通称関西HIV臨床カンファレンス
フリガナ(通称)カンサイエイチアイブイリンショウカンファレンス
英訳名THE CLINICAL CONFERENCE ON HIV IN KANSAI
郵便番号540-0006
住所大阪市中央区法円坂2-1-14 独立行政法人国立病院機構 大阪医療センター 臨床研究センター内
電話番号06-6942-1331
FAX番号06-6946-3652
E mailhivinfo@kansai-hiv.com
HPhttp://www.kansai-hiv.com/
代表者氏名宇野健司
代表者フリガナウノケンジ
代表者役職名会長
会員制
発足年月日1995年10月14日
法人格
活動地域大阪府
団体紹介
団体紹介HIV診療の向上およびHIV感染症の研究を推進することを目的とした医療従事者の団体である。
年数回の講演会、特別講演会、セミナー等を開催。講演会では、最新情報や治療の現状・問題点、研究・研修報告、症例検討会を実施。各種団体との交流、情報発信、学会発表も行う。会員はHIV診療に携わる医療従事者で、医師、歯科、薬剤、カウンセリング、看護の各部会があり、それぞれも活動している。
活動対象 専門家
インターネット
検索キーワード
関西 HIV
電話相談
医療機関紹介
ケア提供
事業の詳細
啓発活動
自助グループ
学習会・
内部教育プログラム
【プログラム内容】 講演会、研修会、シンポジウム等
【対象】 医療従事者
刊行物【刊行物名】 講演録冊子
【内容】 各講演会における講演録
【対象】 会員
【価格】 非売品
機関誌
講師派遣
通訳
翻訳
その他
最終確認日:平成28年度定期調査(2017年2月)

MASH大阪
-
団体基礎情報
団体名(正式名称)MASH大阪
フリガナマッシュオオサカ
通称MASH大阪
フリガナ(通称)マッシュオオサカ
英訳名MASHOSAKA
郵便番号530-0027
住所大阪市北区堂山町17-5 巽ビル402
電話番号06-6361-9300
FAX番号06-6361-9300
E mailoffice@mash-osaka
HPhttp://mash-osaka.com/
代表者氏名塩野 徳史
代表者フリガナシオノ サトシ
代表者役職名代表
会員制
発足年月日1998年4月
法人格なし
活動地域大阪府及び近隣地域
団体紹介
団体紹介MASH大阪は大阪のゲイやバイセクシュアル男性やMSMに向けHIV/STI感染の予防とセクシュアルヘルスを増進させることを目的に活動しています。
私たちは月に2回オープンミーティングで活動の方針を決めています。HPでミーティングの予定をお知らせしています。会議はどなたでも参加可能で、コミュニティセンターdista利用や資材開発・配布など活動に関する全てをコミュニティや当事者・専門家が一緒に話し合える会ですので、是非ご参加ください。
活動対象 HIV陽性者 , 青少年 , 男性同性愛者(またはMSM) , 注射薬物使用者 , 外国人 , 政府などの公的機関 , 専門家
インターネット
検索キーワード
ゲイ、ハッテン場、ゲイ、出会い、ホモ、HIV、エイズ
電話相談【電話番号】  06-6361-9300
【曜日・時間】 火曜を除く毎日午後5時~午後10時半
【対象・言語】 MSMのためのセクシュアルヘルスに関する相談 (日本語対応のみ)
医療機関紹介コミュニティーセンター「dista」における相談事業の一環としての医療機関の紹介。
ケア提供●コミュニティスペースにおける相談事業の一環として。対象は陽性者/MSM一般
事業の詳細
啓発活動予防啓発活動
・大阪のMSMを対象としたコミュニティーセンター「dista」の運営
・ゲイバーや商業施設・若年層を対象とした地域の資材「イクッなび」の刊行・配布
・インターネットサイトの管理・運営
・dista若年層利用者を対象としたSTI勉強会の実施
・ハッテン場への予防介入事業
・中高年MSMを対象とした予防介入事業
・各自治体の実施する保健師研修、ボランティア研修などへの講師派遣
自助グループ
学習会・
内部教育プログラム
【プログラム内容】STI勉強会の実施
・対話型勉強会「STI学習会」の実施
【対象】10~20代のMSM
【内容】若者のためのお友だちづくりイベントの中で、コンドームを用いたゲームや、セーファーセックスをテーマにしたオリジナル楽曲の演奏などを行い、参加者が楽しみながらセーファーセックスに係る知識やテクニックを身に着けられることを目指す。
刊行物中高年MSM向けHIV/STI情報発信及びライフプランを考えるフリーペーパー
「南界堂通信」の刊行(季刊誌年4回発行)
【刊行物名】南界堂読本
【内容】中高年世代向け資材「南界堂通信」の記事をまとめた刊行紙
【対象】中高年MSM
【価格】※ご相談ください。
機関誌
講師派遣●研修事業
・各自治体の実施する保健師研修、ボランティア研修などへの講師派遣
・民間団体、NGO、CBO等の実施する研修会などへの講師派遣
通訳
翻訳
その他・大阪地域におけるMSM向け商業施設へのアウトリーチ活動
・地方行政や保健所との連絡協議会
・自治体及び地域のCBO、NGOとのネットワーク構築
・distaでピタッとちぇっくんエイズ&梅毒検査
distaでは大阪市と協力しMSMを対象としたHIV・性感染症検査を実施しています。
詳しくはHPをご覧下さい。http://d-checkn.net/
・MSMを対象としたセクシャルヘルスに関わる調査・研究事業
・学会等での研究成果発表
最終確認日:平成28年度定期調査(2017年2月)

特定非営利活動法人 CHARM
-
団体基礎情報
団体名(正式名称)特定非営利活動法人 CHARM
フリガナトクテイヒエイリカツドウホウジン チャーム
通称CHARM
フリガナ(通称)チャーム
英訳名Center for Health and Rights of Migrants
郵便番号530-0031
住所大阪府大阪市北区菅栄町10-19
電話番号06-6354-5902
FAX番号06-6354-5902
E mailinfo@charmjapan.com
HPhttp://www.charmjapan.com
代表者氏名松浦基夫
代表者フリガナマツウラモトオ
代表者役職名理事長
会員制
発足年月日2002年3月27日
法人格特定非営利活動法人
活動地域近畿圏
団体紹介
団体紹介すべての人が健康に過ごせる社会をめざしてHIV陽性の人を支援する団体です。多言語を背景に持つ人たちなど保健医療につながりにくい人たちがアクセスしやすい保健医療環境づくりに取り組んでいます。
活動対象 HIV陽性者 , 女性 , 男性同性愛者(またはMSM) , 性風俗従事者、利用者 , 注射薬物使用者 , 外国人
インターネット
検索キーワード
CHARM, HIV陽性者支援、多言語、Interpretation service, HIV consultation, HIV testing
電話相談多言語電話相談 【電話番号】06-6354-5901
【曜日・時間】火曜日、水曜日、木曜日16:00-20
【対象・言語】HIVや性感染症について理解できる言語で相談を希望する人 火:スペイン語、ポルトガル語、英語、水曜日:タイ語、木曜日:英語、フィリピン語         HIVサポートライン関西 【電話番号】06-6358-0638 【曜日・時間】月曜日、水曜日(祝休)19:00-21:00  【対象・言語】 HIV陽性の人とパートナー・家族、日本語
医療機関紹介【紹介可能な科】感染症科などHIV診療を専門的としているHIV拠点病院、医療保険に加入していない人が受診できる無料低額診療指定医療機関、結核専門医療機関、大阪市内で外国語で診療をする医師の医療機関
ケア提供【事業名】HIV陽性の人の個別相談
【対象】HIV陽性の人
【内容】対面相談、訪問・同行、大阪市内保健センター及び大阪市立病院へのエイズ専門相談員の派遣、海外赴任先/帰国先での診療・支援情報提供、など
【事業名】HIV医療通訳派遣
【対象】HIV診療時に通訳を必要とする人
【内容】HIV陽性者の必要に応じて医療機関、薬局、行政窓口に通訳を派遣。1週間前までに要予約。
【事業名】ひよっこクラブ
【対象】HIV陽性とわかって間もない人(1年以内)
【内容】少人数で半日間のグループミーティング
事業の詳細
啓発活動【活動内容】外国籍コミュニティを対象とした健康相談会及び情報提供
【実施場所】近畿圏内
自助グループ【グループ名】月曜サロン
【対象】HIV陽性の人
【内容】陽性者がインフォーマルに出会って情報を交換したり、お互いの経験を聞く茶話会(要予約)
など

【グループ名】SPICA
【対象】HIV陽性者で薬物依存からの回復をめざす人
【内容】グループミーティング(要予約)
学習会・
内部教育プログラム
【プログラム内容】医療通訳研修会
【対象】医療通訳者

【プログラム内容】電話相談員カンファレンス
【対象】電話相談員                                     
刊行物【刊行物名】保育現場で働く人へ スタンダードプリコーションの勧め
【内容】 HIV陽性の子ともと共に保育が可能な標準的感染予防策の紹介
【対象】 保育師、保育を勉強している学生、教師
【価格】 無料 送料のみ負担

【刊行物名】FOR WOMEN あなたへのメッセージ
【内容】 女性HIV陽性の経験やメッセージ、医療制度に関する情報を掲載
【対象】 HIV陽性がわかってまもない女性
【価格】 無料
機関誌【機関紙名】 Charming Times(チャーミングタイムス)
【発行頻度】年2回
【内容】CHARMの活動報告、最近のニュース、健康に暮らすためのヒント、コラムなど
講師派遣【講演内容】HIV陽性者の支援、外国籍のHIV陽性者が日本に暮らすということ、
など
通訳【通訳可能な言語】フィリピン語、タイ語、スペイン語、ポルトガル語、中国語、韓国語、ベトナム語、英語、ロシア語、
【スタッフ数】18名
翻訳【翻訳可能な言語】フィリピン語、タイ語、スペイン語、ポルトガル語、中国語、韓国語、ベトナム語、英語、ロシア語、など
その他
最終確認日:平成28年度定期調査(2017年2月)

特定非営利活動法人 ネットワーク医療と人権<MERS>
-
団体基礎情報
団体名(正式名称)特定非営利活動法人 ネットワーク医療と人権<MERS>
フリガナトクテイヒエイリカツドウホウジン ネットワークイリョウトジンケン<マーズ>
通称MERS
フリガナ(通称)マーズ
英訳名Medical Care and Human Rights Network
郵便番号530-0047
住所大阪府大阪市北区西天満6-2-14 マッセ梅田ビル805号
電話番号06-6364-7677 
FAX番号06-6364-8099
E mailinfo@mers.jp
HPhttp://www.mers.jp/
代表者氏名若生 治友
代表者フリガナワコウ ハルトモ
代表者役職名理事長
会員制
発足年月日2000年9月23日
NPO認証 
2001年11月9日
法人格特定非営利活動法人
活動地域特に限定しないが、主に関西が中心
団体紹介
団体紹介ネットワーク医療と人権<MERS>は、
「薬害が二度と起こらない、感染症に対する差別・偏見のない、適切な医療と福祉が享受できる」
社会の実現を目指しす特定非営利活動法人(NPO)です。
“薬害被害の歴史”を如何に未来に語り継いでいくか、過去から学ぶべきことは何かということを、社会へ訴えつづけ、薬害・感染症などの様々な問題に取り組むことで、多くの人たちがハッピーと思える社会の実現を目指します。
活動対象 HIV陽性者 , 一般市民 , 企業 , 政府などの公的機関 , 専門家
インターネット
検索キーワード
薬害エイズ、血友病、肝炎、関節症、薬害再発防止、人権
電話相談【電話番号】0120-722-238
【曜日・時間】月曜〜金曜 11:00〜18:00
【対象・言語】血友病患者家族・日本語
など
医療機関紹介【紹介可能な科】関西の主なエイズ治療のブロック拠点病院、中核拠点病院などのHIV診療科、血友病治療の医療機関など
ケア提供【事業名】薬害エイズ被害者支援事業、血友病患者ネットワーク支援事業
【対象】血液製剤によるHIV感染者・家族、血友病患者・家族
【内容】ピアカウンセリングの提供、訪問面談、医療等相談会等の開催、各種支援提供
事業の詳細
啓発活動【活動内容】シンポジウム・フォーラム等の開催
【実施場所】随時
自助グループ
学習会・
内部教育プログラム
【プログラム内容】ミニセミナーの実施
【対象】賛助会員
刊行物【刊行物名】輸入血液製剤によるHIV感染問題調査委員会 編
医師と患者のライフストーリー
【内容】約8年にわたる患者家族、医師のインタビュー調査、3分冊構成
【対象】一般
【価格】1セット=1分冊3000円×3

患者・家族調査研究委員会 編
「生きなおす」ということ
など
機関誌【機関紙名】MERSニュースレター
【内容】年3回程度発行
【対象】賛助会員、関係協力者
【値段】無料、ただし賛助会費3000円/年
講師派遣【講演内容】薬害エイズ、薬害全般、感染症、人権、医療、血友病
通訳
翻訳
その他・ 薬害エイズ調査研究事業
・ 医薬・血液行政監視事業
・ 薬害防止、差別撤廃に資する啓発事業
・ 血友病患者ネットワーク支援事業
最終確認日:平成27年度定期調査(2016年1月)

SWASH(Sex Work And Sexual Health)
-
団体基礎情報
団体名(正式名称)SWASH(Sex Work And Sexual Health)
フリガナスウォッシュ(セックスワーク&セクシュアルヘルス)
通称SWASH
フリガナ(通称)スウォッシュ
英訳名SWASH
郵便番号
住所非公開
電話番号080-3439-1756
FAX番号
E mailmail.swash@gmail.com
HPhttp://swashweb.sakura.ne.jp/
代表者氏名要 友紀子
代表者フリガナ
代表者役職名
会員制
発足年月日1999年4月
法人格
活動地域大阪府
団体紹介
団体紹介SWASH(Sex Work and Sexual Health)は、セックスワーカーが、健康で安全に働くことができるよう活動するグループです。特に、HIVを含む性感染症の予防など、性に関わる健康面(sexual health)に焦点をあてています。
1999年設立以降、現・元セックスワーカーとサポーターとで活動を行っています。SWASHの各プロジェクトの企画運営にはすべて当事者が関わっています。
活動対象 性風俗従事者、利用者 , 専門家 , その他
インターネット
検索キーワード
セックスワーカー
電話相談【電話番号】 080-3439-1756
【対象・言語】日本語のみ
医療機関紹介【紹介可能な科】STIクリニック
ケア提供
事業の詳細
啓発活動【活動内容】風俗店を対象としたアウトリーチ、現場講習会の実施。対人支援、相談員、医療・福祉・弁護士等、性風俗で働く人々の支援に関心のある方、団体への研修。
【実施場所】大阪・東京、その他
自助グループ
学習会・
内部教育プログラム
【プログラム内容】風俗嬢、セックスワーカーのためのおしゃべり相談カフェ。ゲストやテーマを決めて、当事者の抱える問題について相談に乗ったり、アドバイスしあったりします。
【対象】セックスワーカー
刊行物
機関誌【機関紙名】待機部屋ジャーナル
【発行頻度】不定期
【内容】イベントや企画の案内、おしゃべり相談カフェのレポートなど。
講師派遣【講演内容】セックスワーカーのHIV/性感染症、労働、人権、セキュリティ、外国人等
通訳【通訳可能な言語】英中韓(※常駐しているわけではありません。ご要望があればご用意いたします。)
翻訳【翻訳可能な言語】英中韓
その他
最終確認日:平成28年度定期調査(2017年2月)

みるく・る
-
団体基礎情報
団体名(正式名称)みるく・る
フリガナミルク ル
通称みるく・る
フリガナ(通称)ミルク ル
英訳名miruku.ru
郵便番号
住所非公開
電話番号非公開
FAX番号
E mailmiruku.ru2009@gmail.com
HPhttp://mirukuru2009.web.fc2.com/
代表者氏名中村理恵
代表者フリガナナカムラリエ
代表者役職名代表
会員制
発足年月日2009年4月1日
法人格なし
活動地域大阪
団体紹介
団体紹介HIVに興味がある・ボランティアがしたいけれど、どこにアクセスすればよいかわからない
という人を対象に共に学び、他団体に繋げていく、という目的と、
何よりもみるく・るに集まった何かやりたい!という想いを大切に活動をしてきました。
発足当初「HIV啓発ユース団体」だったコピーは、
“啓発”ということばを巡ってメンバー間で話し合いを積み重ね、
「みんなで性を考える団体」になりました。
活動対象 一般市民 , 青少年 , 女性
インターネット
検索キーワード
みるく・る
電話相談
医療機関紹介
ケア提供
事業の詳細
啓発活動【活動内容】街頭でのコンドームや啓発資材の配布およびCAFÉイベントを開催し、HIV/STIの予防グッズや方法、参加者自身によるオリジナルコンドームケースを100均一の名刺入れを使用し、シールなどでデコレーションしコンドームが恥ずかしいものではなく身近でおしゃれにもてるようにという想いを伝えている。
【実施場所】大阪難波、天王寺周辺
自助グループ
学習会・
内部教育プログラム
刊行物
機関誌
講師派遣
通訳
翻訳
その他大阪府主催のHIV啓発街頭イベントへの参加
セクシャルマイノリティ関連のイベントへの参加
エイズ文化フォーラムin京都での出展
最終確認日:平成28年度定期調査(2017年2月)

特定非営利活動法人 関西エイズ対策協議会
-
団体基礎情報
団体名(正式名称)特定非営利活動法人 関西エイズ対策協議会
フリガナトクテイヒエイリカツドウホウジン カンサイエイズタイサクキョウギカイ
通称KAC
フリガナ(通称)カック
英訳名Kansai AIDS Council
郵便番号530-0027
住所大阪府大阪市北区堂山町17番5号 巽ビル402号
電話番号
FAX番号
E mailkansaiaidstaisaku@gmail.com
HP
代表者氏名後藤 大輔
代表者フリガナゴトウ ダイスケ
代表者役職名代表理事
会員制
発足年月日2007年9月28日
法人格NPO法人
活動地域大阪府
団体紹介
団体紹介大阪を中心にHIV/AIDSに関する活動をしている団体や個人のネットワークを深めるための場や環境づくりをしています。会員同士の情報交換や意見交換、そしてHIV/AIDSの現状と今後を考えるために、定期的にミーティング、また勉強会などを開催しています。
活動対象 一般市民 , 青少年 , 女性 , 男性同性愛者(またはMSM) , 性風俗従事者、利用者 , 注射薬物使用者 , 外国人 , 企業 , 政府などの公的機関 , 専門家 , その他
インターネット
検索キーワード
関西、大阪、HIV、エイズ
電話相談
医療機関紹介
ケア提供
事業の詳細
啓発活動
自助グループ
学習会・
内部教育プログラム
HIV/AIDSに関する現状とこれからを認識し、考えるための会員を対象とした学習会を年に2回ほど開催。これまでに、薬害HIV事件とその後の医療・福祉体制について、MSM対象のコミュニティセンター事業の変遷について、また現在の医療の課題についてなど、講師を招いて学習会を実施した。
刊行物
機関誌
講師派遣
通訳
翻訳
その他会員相互に情報交換や意見交換をするためのミーティングを定期的に開催。
最終確認日:平成28年度定期調査(2017年2月)


兵庫県
BASE KOBE
-
団体基礎情報
団体名(正式名称)BASE KOBE
フリガナ
通称BASE KOBE
フリガナ(通称)ベ-スコウベ
英訳名BASE KOBE
郵便番号650-0015
住所神戸市中央区多聞通1-3-11 ハイツ神戸313号室
電話番号090-6608-7480
FAX番号078-793-3706
E mailbase_kobe@festa.ocn.ne.jp
HP準備中
代表者氏名繁内 幸治
代表者フリガナシゲウチ コウジ
代表者役職名代表
会員制
発足年月日2001年7月1日
法人格
活動地域兵庫県
団体紹介
団体紹介神戸市、阪神間を中心に県内各保健所、福祉事務所、拠点等と連携したHIVの予防啓発活動と陽性者支援を実施している。また、兵庫労働局、各ハローワークの協力の下、障害者雇用枠を利用した陽性者の就労支援、職業訓練等の相談を実施している。
活動対象 HIV陽性者 , 一般市民 , 青少年 , 女性 , 男性同性愛者(またはMSM) , 性風俗従事者、利用者 , 注射薬物使用者 , 政府などの公的機関 , 専門家
インターネット
検索キーワード
HIV/AIDS 神戸 住居不安定・喪失者支援
電話相談【電話番号】 090-6608-7480
【曜日・時間】 随時
【対象・言語】 日本語
医療機関紹介【紹介可能な科】 HIV診療科、歯科クリニック
ケア提供【事業名】住居不安定・喪失者の対する施設、シェルター等を用いた支援事業
【対象】住居不安定者、喪失者等生活困難者
【内容】当団体のシェルター、公的施設、民間施設での受け入れ、生活保護等の申請援助
事業の詳細
啓発活動【活動内容】 神戸市エイズ月間、神戸市エイズデー等での協働を中心に実施
自助グループ【グループ名】 コパン
【対象】 HIV陽性者(主として告知1年以内)
【内容】 定例会(毎月第2土曜日午後開催、神戸市内等)
学習会・
内部教育プログラム
DVDを用いた学習会、講師を招いた学習会(不定期)
刊行物
機関誌
講師派遣代表講演(性教育、性の多様性)、 陽性者講演(HIV陽性者として生きる)
通訳
翻訳
その他2015年1月、神戸市中央区に事務所、談話室新設。シェルター機能あり。
最終確認日:平成28年度定期調査(2017年2月)