世界の状況日本・世界の状況

ホーム - 日本・世界の状況 - 世界の状況 - UNAIDS FACT SHEET - UNAIDS 「GLOBAL AIDS UPDATE 2022」

UNAIDS「GLOBAL AIDS UPDATE 2022」

国連合同エイズ計画(UNAIDS)の年次報告書(Global AIDS Update 2022)が7月27日、発表されました。タイトルは『In Danger(危機的状況)』。同時に発表されたプレスリリースの日本語仮訳を作成しました。
『COVID-19その他の世界的危機により、HIVパンデミック対策は過去2年にわたって後退を続け、資金も縮小している。その結果、何百万という人たちの命が危険に曝されている・・・』
プレスリリースの書き出しも、タイトル同様、危機感をはっきりと前面に押し出しています。UNAIDS推計によると、世界の新規HIV感染件数は減少の傾向が続いていましたが、2021年にはその下げ幅が過去10年で最も小さくなっているということです。また、世界最大の人口規模を有するアジア太平洋地域のHIV感染件数が2021年には、これまでの減少傾向から増加に転じています。
検査と治療の普及を進め、2030年のエイズ終結を目指すというシナリオが、COVID-19のパンデミックやウクライナ戦争の影響で大きく崩れつつある。これまで懸念されていたことを現実として受け止め、緊急に対策の再構築をはからなければならない。かなり追い込まれている印象でもありますが、その危機感を共有して行動するよう各国指導者に呼びかけています。

.

同時に発表されたプレスリリースの日本語訳です。

.

英文プレスリリースはこちらをご覧ください。

.

年次報告書『In Danger』原文はこちら
   

PAGE TOP